anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

後妻業の女

2016年作品、鶴橋康夫監督、大竹しのぶ豊川悦司出演。

結婚相談所主催のパーティーで可愛らしく自己紹介する武内小夜子(大竹しのぶ)、彼女の好きなことは、読書と星を見ること。 この一言に、男たちはイチコロになってしまうのだった。
今まで5人の夫がいた彼女は、6番目の夫・元木日出夫(六平直政)・元害虫駆除会社社長と一緒になる。 しかし程なく彼は死に、7番目の夫・津村泰治(森本レオ)・元不動産会社社長と結婚する。 さらにさらに彼の死後、8番目の夫・武内宗治郎(伊武雅刀)・元テレビ局役員と一緒になるのだった。
彼女が出会うのは所長・柏木(豊川悦司)が経営している結婚相談所、そう二人はつるんでいるのだった。 そしてもう一人協力者とし て瀬川 英子(余貴美子)がいて、ターゲットを見つけて小夜子に合図を送る役だった。
さらに竹内が死んで、9番目には中瀬耕造(津川雅彦)に狙いをつけた。 彼は元女子短大の教授、小夜子とはダンスを通して惹かれ合い、結婚する。
二人は幸せな結婚生活を送るはずだったが、2年後、耕造が体が弱くなり、病院に担ぎ込まれる。 耕造の娘・朋美(尾野真千子)と尚子(長谷川京子)が駆けつけてくるが、小夜子はもし亡くなった時の為といい、葬儀費用を貸して欲しい、中瀬はほとんど金を持っていないとも言うのだった。
彼女は、柏木たちと組んでいる “後妻業” という詐欺師だった。 いやただの詐欺師ではない、老い先短い定年後の資産家に近づき、後妻に納まり、財産を根こそぎ取って行き、今までの親族には一切与えない、しぶといやつは殺してしまうという、とんでもない輩だったのだ。
なかなか死なない中瀬に対して、あの手この手で死に追いやるうちに、どうしても空かない金庫を、何とか柏木と協力して開けさせ、中の金をも持ち去っていく。
とうとう中瀬が亡くなった時、小夜子は遺言公正証書を突き付け、小夜子が全財産を相続する事実を言い渡す。 納得のいかない朋美が小夜子を調べ始まる・・・

なかなか予告編が派手に流れていましたが、あまりそそられる作品ではありませんでした。 新作が少ないのと、豪華な配役だったので行こうとは思っていましたが、ハードルは低め(^^) しかし見事にだまされましたね、面白かった。
後妻業というのは本当にあるのかは分かりませんが、ある意味での結婚詐欺なんでしょうが、これは殺人も伴う、恐ろしい犯罪集団でもありますね。 ただ真実を知っているのは小夜子と柏木、瀬川とこのあと出てくる小夜子の息子、風間俊介演じる岸上博司は、多少やばいことをやっている程度なんでしょう。
しかし父親がいままで死んで財産を取られた遺族は、どうして疑ったり調べたりしないのか? 世間体というんでしょうか、地位や財産 を持っていた家族ばかりなので、身内の醜い争いをしようとまではなかったんでしょう。
しかし朋美には同級生の弁護士がいて、さらに元刑事の探偵もいたんですね。 それぞれ松尾諭永瀬正敏が演じていて、二人の登場からさらに二転三転していきます。
監督は鶴橋康夫、テレビマンなんですね。 だから顔が広くて、こんな豪華キャストが集まったのか? 大竹しのぶとトヨエツのコンビも最高ですし、鶴瓶の謎の具合も絶妙でした。
ただ、どうも結末が意外なんですね。 何事もなかったように、巻き戻しのようなエンディング。 どうやら続編があるのではないかと疑ってしまいましたが(^^)
大人の夏休み最後の作品でした。

イメージ 1
小夜子と柏木のコンビ

イメージ 2
7番目と8番目がいるパーティー

イメージ 3
そして9番目の夫を見つける

イメージ 4
しかし寝たきりとなり、銀行をつれてくる

イメージ 5
そして中瀬の葬儀

イメージ 6
朋美と小夜子の戦いが始まる

イメージ 7