anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

クリーピー 偽りの隣人

2016年作品、黒沢清監督、西島秀俊竹内結子香川照之出演。

高倉(西島秀俊)は、連続殺人犯・松岡(馬場 徹)の取り調べをしていた。 典型的なサイコパスのその男は、犯罪心理に異常な興味を持つ彼にとって、刑事という立場を忘れるほど魅力的だった。
しかし刑事としての取り調べの期限が終わる寸前で、彼は後輩刑事の野上(東出昌大)に、何とか拘留延長できないかと話をしていた。
しかし一瞬の隙をついて犯人の松岡は取調室の警官を隠し持っていたフォークで刺し、女性を人質に取る。 絶好の犯人と対峙するシチュエーションになり、交渉を買って出る高倉だったが、松岡は高倉を刺し、人質の首を切り、野上に射殺される。
刑事を辞め数年たった高倉は、引っ越しをした。 妻・康子(竹内結子)と共に近所に挨拶に行く。 しかし、ご近所付き合いなどなくなった今の世の中、どこもそっけない対応しかしてくれない。 隣の家は留守のようだった。 後日、出直そうと思い家に帰る二人。
高倉は、現在は犯罪心理学者で、大学で講義をしている。 そんな彼のもとにかつて後輩刑事だった野上が訪ねてきた。 そして、6年前に発生した一家失踪事件について覚えているかと聞かれるのだった。
それは失踪事件という事で、犯罪事件ではないと思われていたが、横で聞いていた研究室の大川(戸田昌宏)はこれに興味を持ち、高倉を誘って一度現場に行こうと言い出す。
そして現場に行った高倉は、元刑事に直感で、ここで犯罪が起こった匂いがすると感じるのだった。 そしてこの事件には唯一の生き残りである長女・早紀(川口春名)がいるのだった。
後日、野上と現場を訪れた時、偶然その早紀と出会うのだった。
一方、昼間にはあまりやることのない康子は、気になっていた隣に一人であいさつに行く。 その時出てきたのが病弱な妻と中学生の娘・澪(藤野涼子)をもつ人の良さそうな主人・西野(香川照之)だった。 そして高倉夫婦は恐ろしい事件に巻き込まれていく・・・

これも長い間、予告編が流れていた作品、ある程度、展開がわかるような予告編でしたから、どういうオチなのかとかがポイントになっていくという予想のもと、鑑賞しました。
監督は黒沢清、まあホラーを撮らせたら、第一人者。 「地獄の警備員」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/6010578.html 「スウィートホーム」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/8432831.html 「リアル~完全なる首長竜の日~」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/9547942.html と記事にしていますが、それ以外の作品も結構見ている馴染みの監督です。
主演は西島秀俊、そして竹内結子香川照之、まあ演技的に申し分ないキャストですから、ひとえに強そうな原作をどう仕上げているかがポイントでしょう。
物語は、2方面に展開していきます。 高倉家の謎の隣人と、6年前に起こった日野市での家族3人の失踪事件ですね。
一見別々の感じを受ける話なんですが、しっかり共通している。 ただ、あまりにも香川演じる自称・西野がベタなんですがね(^^)
だからどんな人間像なのかが、見ている側が仰天するようでないと難しい作品となりますが。
典型的なサイコパスなんですが、彼がどう今までいろんなことをしてきたかまでは掘り下げられなかったのがちょっと物足りなかったかな? そしてどうやって西野家に入り込んだかも。 そういう前日譚があると、この作品に肉付けがされ、もっと面白くなる。
また今作では藤野涼子が、重要な役を演じていました。 彼女は衝撃作の 「ソロモンの偽証」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12801021.html http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12928297.html で主人公を演じ、強烈なデビューをしましたが、今回は全く同じ少女に見えないほどの役でした。
彼女を見るのもまた面白いかもしれません。 まあ、ちょっと説明不足感がありますが、サイコパス独特の犯人像の作品は好きなんですがねえ。

イメージ 1
後輩の野上にある事件の捜査の手助けを頼まれる

イメージ 2
そして事件で、失踪しなかった妹に出会う

イメージ 3
一方隣の西野親子

イメージ 4
二人を食事に招く高倉夫婦

イメージ 5
しかし娘の澪が衝撃の言葉を

イメージ 6