anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ハリーとトント

1974年作品、ポール・マザースキー監督、アート・カーニー主演。

72歳のハリー(アート・カーニー)は、愛猫のトントとニューヨークのマンハッタンに住んでいた。 今日はトントの餌を買いに行くついでに、いつもの友人と世間話をする。しかし家に帰る途中、若い男にひったくりに合いそうになってしまう。 ここニューヨークも住み辛くなってきたことを実感しているハリーだった。
そして彼は、区画整理のためにアパートから強制的に立ち退きを迫られていた。 そしてとうとう居座っていたのはハリーだけとなり、彼は強制退去となり、警察にソファーごと外に運ばれてしまう事になった。
しかしそこに駆けつけたのは長男のバート(フィル ・ブランズ)だった。 荷物を乗せる荷台を繋いで現れた彼は、父のハリーを乗せ自宅に向かう。 仕方なくハリーはトントを連れてその家に行ったが、ここは妻と息子二人の4人暮らしで、バートの妻はトントとの同居にあまり気がすすまないのだった。
ハリーは二男で口を効かないノーマン(ジョシュア・モステル)の部屋に寝ているのだが、ここには長居できないと思っていた。 そして、ハリーはシカゴにいる娘のシャーリー(エレン・バースティン)を頼って旅に出る決心をした。
バートは飛行機で行くことをすすめ空港までは行ったのだが、トントと一緒では飛行機に乗せてもらえず、結局彼はバスで行くことになった。 しかしそのバスもトントのために途中で降りなければならなくなり、中古車を買って目的地に向かうことにした。
途中、コミューンへいくという娘ジンジャー(メラニー・メイロン)に会い、彼女の勧めで初恋の相手でダンサーだったジェシー( ジェラルディン・フィッツジェラルド)に会いにいった。 年をとったジェシーは頭がすこしいかれていてハリーを想い出せなかったが、昔ダンサーだったことは覚えていて、ハリーと一緒に踊ったりした。
ようやく、本屋を経営するシャーリーの家に辿りつき、彼女の次男のノーマンに会った。 先に来てハリーの到着を待っていたノーマンは、すっかり口を効くようになっていた。 そしてジンジャーとノーマンはたちまち仲よくなった。
シャーリーはハリーと一緒にきたジンジャーに、コミューンへいくのは危険だから両親の許へ帰るよう説得したが、彼女は聞き入れなかった。 またシャーリーはハリーにシカゴで一緒に暮らそうといったが、ハリーもそれを断わり、翌朝ジンジャーと出発するのだった…

監督はポール・マザースキー、「ハドソン河のモスコー」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13260246.html を見ていますが、味わい深い作品を撮る監督ですね。
今作も 「午前10時の映画祭7」 にかかったロードムービー、猫との旅でした。
ントは11歳、人間でいうと77歳とのことです。 でも、ハリーや、家族には、特にハリーと中に良い家族には懐いているんですね。 おとなしく可愛いんですが、やっぱり飛行機やバスの中はダメなようです。
しかしそれがハリーの旅が始まるきっかけになるんですね。
ずっとニューヨークにいたハリーは、娘がいるシカゴ以外は行ったことが無いんですね。 特に西にはまったく縁がない。 しかし彼は故郷とも言えるニューヨークを失ったことからこの歳で新しい場所を求めていくんですね。
しかしそんな旅も終わりを迎えるのはやはり別れがあったからでした。
しかしそれは新たな出会いの始まりでもありました。 気難しいハリーですが、ユーモアがあり、基本人が良い。 一緒にトントになった気分になる旅のお話でした(10時)

イメージ 1
アパートを強制退去させられるハリー

イメージ 2
長男のところから娘のところに旅に出るハリー

イメージ 3
途中で中古車を買う

イメージ 4
やっとシカゴに着くが

イメージ 5
さらに旅に

イメージ 6
行商の男と

イメージ 7