anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

アメリカン・サイコ

2000年作品、メアリー・ハロン監督、クリスチャン・ベール主演。

1980年代、NY。 27歳のパトリック・ベイトマンクリスチャン・ベール)は、ウォール街の一流企業で働くエリート・ビジネスマン。 高級マンションに住み、エクササイズに励み、ブランド物を買い求め、完璧な生活を求めている。
婚約者イヴリン(リース・ウィザースプーン)も愛人コートニー(サマンサ・マティス)もいたし、秘書のジーン(クロエ・セヴィニー)は密かに彼に恋い焦がれていた。 ベイトマンはそんな彼女の心情も知っていたし、何気に彼女にアドバイスさえも送るのだった。
しかしそこに、ルックス・学歴・身だしなみなど非の打ち所のない同僚、ポール・アレンジャレッド・レト)が現れる。 実は自分と同じような匂いのするアレンは、彼が普段とる態度以上の高圧的な感じの態度を取る。 いままでどこか虚ろで、もやもやっとした感情を感じていたベイトマンは、目下のライバル、ポール・アレンに神経をだんだん逆なでされる。
そしてある日、帰り道にホームレスを見かける。 憐れも言葉をかけ、恵んでやるふりをしながら感情が爆発し、一気にナイフで殺害をしてしまう。 ここからベイトマンの中で何かがはじけたのだった。
そしてベイトマンは、アレンを自宅に呼び出すのだった。 笑いながらスーツの上からレインコートを羽織り、事前に床に新聞紙を引いていたので、不審に思うアレン。 そして彼は一気に鉈をアレンの頭に鉈を振り降ろした。そして何食わぬ顔で死体を黒い袋に入れて始末するのだった。
そんなベイトマンの前に、失踪したとされたポールのゆくえを調査している人物、キンボール(ウィレム・デフォー)が現われる。
イトマンは、アレンが一度帰って旅支度をして、ロスに行ったことに見せかける工作をしたはずだったが、キンボールは鋭く彼にい女質問をしてくる。 そしてだんだん追い詰められていく・・・

当初この作品は、上記の監督、主演から、いったんオリバー・ストーン、ディカプリオのコンビに変わり、また元のキャストに戻ったという、面白い変遷があるようですね。
メアリーハロン監督作品は初めて鑑賞しましたが、原作はもっと殺人シーンの描写が細かいそうです。 しかし今作はもっと主人公ベイトマンの内面を抉った作品になっています。
お話は、1980年代、日本も絶頂期で、世界的に好景気だったんでしょうね。こういう金も女も地位も、すべて持っている男の快楽が、猟奇的殺人に発展していく、アメリカの浮かれた部分が狂気になっていく、そんな作品でした。
でも主人公はある程度なんとか内面にとどめていた前半でしたが、アレンという自分と双璧な男が現れてから、何かが彼の中で決壊していき、それはもう止められなくなっていくんですね。
しかし結末が何とも滑稽なんですね。 もう心理的に破滅しているベイトマンが、なぜか普通の生活をしている。
これは正当な続編があるそうなんですが、劇場スルーになっていて、もうちょっとコメディ色が強い作品らしいですね。 見る機会があればいいのですが。

イメージ 1
何不自由ないベイトマン

イメージ 2
しかしある男の出現で

イメージ 3
彼の内部が壊れていく

イメージ 4
娼婦を、

イメージ 5
秘書を

イメージ 6