anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

13日の金曜日 PART7 新しい恐怖

1988年作品、ジョン・カール・ビュークラー監督、ラー・パーク・リンカーン主演。

クリスタルレイク付近で暮らす少女・ティナ(ジェニファー・バンコ)は、生まれつき超能力を備えた少女であったが、両親が夫婦喧嘩をした日の夜、ティナは家を飛び出してしまう。
湖に一人でボートを出してしまい、追ってきた父に対して、母親を殴ったことを詰り死んじゃえと言う。 その時父がいた桟橋が崩れ、父は亡くなってしまった。
それから数年後、ティナ(ラー・パーク・リンカーン)は母のアマンダ(スーザン・ブルー)に連れられ、クリスタルレイクへ戻ってきた。 いやな思い出しかないところへ戻ってきたわけは、超能力の研究をしているクルーズ(テリー・カ イザー) の力を借り、彼女を立ち直らせようとしたいからだった。
クルーズ博士は、ティナの力を何とか引き出そうとするが、なかなか上手く行かない。 しかしある瞬間ティナは驚くべき力を発揮した。 それは怒りの感情だった。 そして自分の力を確認できた彼女は、父親を生き返らせようと、父親の沈んだ湖に向かって念力を放つ。 しかしその力に反応したのは、なんと湖のそこで眠っていたジェイソン(ケイン・ホッダー)だった。
父ではない者を蘇らせた彼女だが、それを信じる者はいなかった。 そしてまた更なる犠牲者が出て行くのだった…

今作は、ちょっと毛色の変わった作品の「13日の金曜日」でしたね。 珍しくジェイソンが手出しをできない存在が登場します。 それも若い女性。
そう彼女は特殊能力を持っているんですね。 そして彼女がその能力で、ジェイソンを復活させてしまうというなんとも、困った展開から物語は始まっていきます。
彼女はあるトラウマを持ってしまうんですね。 それはこの曰くつきのクリスタルレイクで、父を殺してしまったという事でした。
ジェイソンの事件とは関係はないようですが、ちょっとした夫婦喧嘩、今で言えばDVですが、そこまで行っていない感じのいい争いに、娘が過剰反応してしまい、超能力で父を沈めてしまうんですね。 これ以上の悲劇はない感じですが。
主演のティナ役にはラー・パーク・リンカーン、いくつかの出演作品はありますが、この作品が一番だったのでは?
今回は、半ばラッキーで復活したジェイソン、ケイン・ホッダーは今作と次作でジェイソンを演じていますが、若干小ぶりになった印象があります。
また少女にはやられ放題なので、弱々しく見えるのもそう感じるのかもしれませんね。
そしてラストは意外な決着でした。 死してなお娘を思う父の最後の力ですかね?

イメージ 1
やはりこの日に悲劇が

イメージ 2
今回は特別な蘇り方

イメージ 3
ティナの母のアマンダ、クルーズの思惑に気がつく

イメージ 4
襲いかかるジェイソン

イメージ 5
しかしティナの恐るべき能力で反撃

イメージ 6
しかし最後は…

イメージ 7