anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

起終点駅 ターミナル

2015年作品、篠原哲雄監督、佐藤浩市主演。

弁護士の鷲田完治(佐藤浩市)は、25年前、北海道・旭川で裁判官を務めていた。 単身赴任で、大体の任期は決まっている。 一人息子の写真を見つめながら、もうちょっとの期間の辛抱だと思っていた。
ある日、彼の担当した裁判で、目の前に被告人として出廷した女性は、学生時代の恋人・結城冴子(尾野真千子)だった。 苗字が変わっていて、すぐにはわからなかったのだが、結局彼女は執行猶予が付き、服役は逃れたのだった。
彼女と再会した完治は、裁判後、彼女が働くスナックに通い始める。 そして、二人の関係は再燃する。 そしてようやく東京に戻る辞令が降り、妻子の待つ東京へ戻ることが決まるが、完治の心はもう冴子に傾いていた。
最後の夜になるはずだった彼女との逢瀬だったが、完治はすべてをなげうって冴子と生きていこうと決心、そして二人でこの町を出ていくことになる。しかしこの町に出る時に、とりあえず他人のふりをしようと冴子は言いだし、離れた位置にいたその瞬間、彼女は来た列車に飛び込んで命を絶ったのだった。
彼は叫び声をあげ狼狽え、そして完治はすべてを捨て、釧路へと居場所を変えたのだった。
そして25年が経った。 釧路で法律事務所を始めた完治は、すっかり一人暮らしが板についていた。 彼の得意料理は、ザンギだった。 丁寧に作る彼の料理は、主婦顔負けだった。 しかしそれは、彼に時間があるからだった。 彼は国選しか受けない弁護士で、暮らしも質素なのだ った。
ある日、椎名敦子(本田翼)という女性の弁護を担当した。 覚せい剤を所持したことから法に触れたのだったが、なんとか執行猶予を取ることが叶った。 そんな彼女はある日完治を訪ねてきたのだった。 いったい彼女はどうして彼のところへ?…

北海道が舞台のこの作品、初めは旭川で始まります。 しかしそれは25年前のある悲しい事件からでした。 しかしそれも彼の学生時代の淡い思い出が出発点でした。
結城冴子の人生はどういう物だったのか? そこにはあまり触れられていませんが、完治の元から姿を消したこと、おそらく自分の人生に対して多くのことを求めてはいない感じで、さらに再会するまでの間もいろいろあったことが読み取れますが、あまりにも酷なこの世との別れでした。
国選専門の弁護士っているんでしょうかね? 感じの元には、彼にむかしお世話になった、ある会社の若社長、中村獅童演じる大下がしつこく顧問弁護士になってくれと頼みに来ますが、彼は頑として受け付けないどころか、心さえも開きません。
しかし25年前と同じ様な刑を受けた、椎名敦子との関わり合いから彼の止まっていた人生の歯車が、もう一回動き始める、そんなお話でした。
監督は篠原哲雄、「地下鉄(メトロ)に乗って」「真夏のオリオン」http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/7188258.html とかを見ていますが、こういうしっとりとした、心情を描いた作品は得意な監督では。
本田翼が、敦子役なんですが、初めはどうして彼女なのか? と思いましたが、この敦子の設定に、雰囲気が遭うんでしょうね。 もうちょっとメリハリの利いた演技ができるはずなんですか、あえてあういう感じを求められたのかな? そんな感じのちょっと変わった演技に見えましたが。
北海道作品ということで、チームNACSの音尾君が出ていました。 
作品中にいろんな料理が出てきますが、どれもおいしそうですね。 ちょっとそこもこの作品の注目ポイントですが、そこがちょっと癒され、暗い物語をちょっと緩和してくれていました。

イメージ 1
意外な再会をした冴子

イメージ 2
二人の間が再熱する

イメージ 3
しかし突然の別れ

イメージ 4
全てを捨て釧路に来た完治

イメージ 5
初老の完治のところに現れた敦子

イメージ 6