anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

プラダを着た悪魔

2006年作品、デヴィッド・フランケル監督、メリル・ストリープアン・ハサウェイ出演。

大学を卒業し、ジャーナリストを目指してニューヨークにやってきたアンディ(アン・ハサウェイ)。 おしゃれに興味のない彼女が向かった先は、全世界の女性が憧れる一流ファンション誌、ランウェイの編集部だった。
第1秘書のエミリー (エミリー・ブラント)は彼女を見るなり呆れたような顔をした。 あまりにもここに似つかわしくない格好だったからだった。 エミリーはアンディが確実に採用されないと思い、邪険に扱うが、ミランダ・プリーストリー(メリル・ストリープ)が颯爽と入ってくる。
とたんに緊張感が走る社内だった。 そしてミランダは彼女を短く面接をする。 ほとんど2、3の質問しかされず、てっきり不採用と思ったアンディだが、意外性を買われ、カリスマ編集長のジュニア・アシスタントとして働くことになるのだった。
大学の仲間や、付き合っているシェフの恋人ネイト(エイドリアン・グレニアー)に報告をするが、彼女はあくまでも、ここは通過点で、編集者として身を立てていくきっかけに考えていた。
しかし次の日、朝6時過ぎにエミリーから連絡が入る。 すぐに来てほしいと言われ、言われたコーヒーを買っていくが、早くも修羅場が始まった。
ランチの時間さえもなく、却ってもネイトの作る食事もあまり食べれなくなってしまうアンディ、もう毎日が目まぐるしく経っていく彼女は、ネイトの前ではミランダの事をこき下ろすのだった。 そしてどんどん彼女の生活は荒れ果てていくのだった…

最近見た「マイ・インターンhttp://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13545463.html が、この続編的と言われた元作品の今作、もちろんアン・ハサウェイの演じる女性は別人なんですが。 今作から成長して、企業を立ち上げる非常に能力のある女性になっていき、繋がって行ってもおかしくない作品かもしれませんね。
悪魔とはいったい誰なのか? もう初めのシーンからバリバリ感で登場するミランダなんですね。 メリル・ストリープが地のような感じで演じていますが、これがまさに嵌っています。
彼女が来ると全てが震え上がる、黒を白にするという表現が陳腐になるほどの、大カリスマで、独裁者。 でもその陰にあるのが強烈なプロ意識であり、その隠された一面には双子の娘を思う母親としての悲しい一面も持っているんですね。
アンディは、出版社希望なんですが、ステップの一つとしてここに入社してきて、第2秘書として合格します。 もちろんファッションのセンスはゼロ、今までの仲間や彼氏との付き合いにそんな気配など微塵もないんですね。
大きなギャップを感じイジケタときに、スタンリー・トゥッチ演じるナイジェルに、あることを気がつかされるんですね。 腰掛でいいる彼女の姿を見破られ、それから彼女は変わっていくんです。
働くとはなんなのか? 仕事とはなんなのか? 実はミランダといることは、物凄い勉強になっているんですね。 ここで働けることは、もうどこに行っても、どの業界に行っても通用するという事ですし、実はミランダは彼女の資質を最初から見抜いているんです。
ただ人間としての生き方の選択は、あくまでも個人にあり、そこで彼女は自分の人生の選択をしていきます。
なかなかいいラストシーンですし、ある意味爽やかな作品でした。アン・ハサウェイが若くて可愛いです!

イメージ 1
彼女が来ると、緊張感がマックスに

イメージ 2
場違いなところに来てしまったアンディ

イメージ 3
ミランダの片腕のナイジェル

イメージ 4
そしてナイジェルは彼女を変えていく

イメージ 5
そしてミランダの要求は加速度を増していく

イメージ 6