anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ダーク・スター

1974年作品、ジョン・カーペンター監督、ダン・オバノン主演。

地球の南極基地からの通信が入った。 管制官(マイルス・ワトキンス)は一方的に用件を伝えるだけの半ば冷たい内容で、こちら側の要求は結局一切聞いてくれない。
21世紀半ば、人類は、銀河系を越え、新天地を求めていた。 その役目を担った光速航行の探査船ダーク・スター号は、そのすぐれたコンピューター統括により、邪魔になる不安定惑星を爆破し続けていた。 彼らの大きな役目は、その爆破で、今日も一個の不安定惑星の爆破に成功した。 しかしそこに住んでいる生命体にあまり気を払っていないようだ。
乗っているのはドゥーリトル(ブライアン・ナレル)、タルビイ(ドレ・パヒッチ)、ピンバック(ダン・オバノン)それにボイラー(カル・ニホルム)の4人だ。そしてパウエル司令官(ジョー・サンダース)は、放射能汚染で、隔離されているが、地球ではもう殉職したことになっていた。
爆破の瞬間は、緊急ワープに入らなければならない。 タイミングの勝負だ。
しばらく航行していると、小惑星群の嵐に遭遇し、レーザーに異常が起こった。 そして異常な指令が行われ、惑星破壊用の爆弾が発射準備に入ってしまう。
コンピューターが必死の説得で、爆弾が格納庫に戻る。 爆弾にも自主性を持った機能がついているのだった。
しかし爆弾は、あまり辛抱が効かないレベルだった。
タルビイはいつも3人とは離れ、上部の星の見える突起のところにいる。ドゥーリトルが食料を運んであげる時に、たまには降りて来いというが、彼はここが好きだと言い張る。
ピンバックはマスコットとして宇宙生物を飼っていた。 生き物が息抜きに必要と思っていたが、エサをやるのが面倒になってきた。 しかしコンピューターの指示に従うピンバックだが、ふわふわしたその生物に翻弄される。
そしてまたエラーが起きた…

本当の目的はなんなのでしょうか? 4人(本当は5人なんですが)の目的は、新しい惑星を求めてなんでしょうが、ただ不安定な惑星を破壊する以外には興味を失っている4人 、いやそれ以上に惰性で星の間を漂っている、そんな感じですね。
監督脚本は、ジョン・カーペンター、そしてなんといっても「バタリアンhttp://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/520930.html の監督のダン・オバノンが俳優と、共同脚本として参加しているんですね。
全く怖くなく、当時の技術のSFですから、いま観ると確かにちゃちさは仕方ないですが、内容は結構シュールで、遊び心がいっぱいですね。
当時のアメリカらしいカルト作品でした。

イメージ 1
乗組員の任務は不安定惑星の除去

イメージ 2
流星群のため損傷した

イメージ 3
飼っている宇宙生物

イメージ 4
ストレスがたまってくるクルーたち

イメージ 5
冷凍保存されているパウエル

イメージ 6