anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

フォー・ルームス

1995年作品、アリソン・アンダース、アレクサンダー・ロックウェル、ロバート・ロドリゲスクエンティン・タランティーノ監督、ティム・ロス主演。

<ルーム321/お客様は魔女〉 ロサンゼルスのホテル・モンシニョールに風変わりな女性客が次々と到着した。 ジプシー風の美女アシーナ(ヴァレリア・ゴリノ)、妖艶なエルスペス(マドンナ)と、どうやら彼女のレズビアン相手らしいパンク少女のキヴァ(アリシア・ウィット)、猫を連れたゴージャスなジゼベル(サミ・デイヴィス)、箒を持ったインディアン風のレイヴン(リリ・テイラー)、そして素朴で可愛いイヴァ(アイオン・スカイ)の6人は、301 号室にチェックイン。
実はキヴァを除く女たちは実は魔女で、40年前にこの部屋で呪いをかけられた魔女ダイアナを復活させようとしていた。 儀式が始まり、魔女たちは母乳、処女の血、5人の男の太ももの汗、1年分の涙をそれぞれ捧げるが、男の精液を捧げるはずだったイヴァは、それをつい飲んでしまったと告白。
リーダー格のアシーナは、1時間以内に精液を調達することを命じる。 そこへベルボーイのテッド(ティム・ロス)が現れた。 イヴァはテッドをなだめたり、すかしたりして、やっとお目当てのものを手に入れる。 再び儀式が始まったが、果して……。
〈ルーム404/間違えられた男〉 404号室へ氷を届けたテッドは、中年男シグフリード(デイヴィッド・プローヴァル)にいきなり拳銃を向けられる。 彼の背後には、椅子に縛りつけられ、猿ぐつわを嵌められた美女アンジェラ(ジェニファー・ビールス)の姿が。 シグフリードは、テッドの正式名称、テオドアと呼びかける。 どうやらテッドを、妻の間男テオドアだと思い込んでいるらしい。
やばい雰囲気に彼は慌てふためくが、その時、心臓の持病があるシグフリードが発作を起こして倒れた。 薬を取ってこいと命じられ、浴室に駆け込んだテッドは窓から逃げだそうとするが、果たせない。 あきらめて戻ってみると、目を覚ましたシグフリードはすっかり態度を軟化させていた。 彼は妻を激しく愛していて、彼女の愛を試してみたかったらしい 。テッドがホッと胸をなで下ろしたのも束の間、今度は何とアンジェラが 「テッドにファックされた」 と言う。 再びシグフリードの形相が変わった。 危うくそこから逃げだした彼と入れ違いに、本物のテオドアが部屋を訪れた……。
〈ルーム309/かわいい無法者〉 ラテン系のヤクザ(アントニオ・バンデラス)とその妻(タムリン・トミタ)が外出している間、9歳の姉サラ(ラナ・マキシック)と6歳の弟ファンチョ(ダニー・ヴェルデュスコ)の世話を頼まれたテッドだが、子供たちはとんでもない悪ガキだった。 
ファンチョはテレビのアダルト・チャンネルをつけ、サラとケンカになる。 足が臭いと言ってはまたケンカ。 彼らはシャンパンを飲んですっかり酔っぱらう。 引き出しにあった注射器でダーツをしている時、テッドが見回りにやってきた。 子供たちのまぶたにメンソレータムを塗って寝かしつけるが、彼が去ると洗い流してしまった。 そして、サラはこの悪臭が足のせいではないと気づき、ベッドのマットレスを引き剥がしてみると 、そこには…
ペントハウス/ハリウッドから来た男〉 テッドにまたしてもベルが鳴る。 散々な目に遭ったテッドは、ここで働いてほしいと言ったベティ(マリサ・トメイ)に怒りの電話をかける。 もうここを辞めたい、そう言うと、彼女はペントハウスのお客は重要なので、そこだけの仕事はしてほしいと逆に懇願される。
注文の品を持ってペントハウスに上がってみると、そこには喜劇俳優チェスター・ラッシュ(クエンティン・タランティーノ)と取り巻きのレオ(ブルース・ウィリス)とノーマン(ポール・カルデロン)がいた。 おまけに、なぜかアンジェラの姿もあった。
チェスターは、斧1本、木切れ一枚、釘3本、紐ひと巻き、氷にドーナツとクラブサンドと、注文の品を確かめる。 彼らは懐 かしのテレビ番組にあったエピソードを再現しようというのだ。 それはジッポー・ライターで10回連続で点火できるかというもので、勝てば車が貰えるが、負ければ小指が飛ぶことになるという賭けだった…

この作品も大晦日のあるホテルでの4つの部屋の物語のオムニバス作品です。 言いだしっぺはまたもクエンティン・タランティーノ、そして3人の監督に声をかけ、各々のパートを撮影しました。
この配役を見ると、仲のいい俳優は誰なのかがわかりますね。 そしてタランティーノはやっぱり自ら出演しています。 個性的な顔なんで、役者としても映えますね。
4作品を一貫して出ているのはベルボーイのティム・ロス、コメディ役はあまり見たことがなかったので、彼とは始め気がつかないほどでした。
またジェニファー・ビールズ、マドンナという懐かしいキャストが出ており、アントニオ・バンデラスや、そしてやっぱりブルース・ウィリスがちょこっと顔を見せています。
ですので、4本が一応流れになっているので、全くのオムニバスではなく、ちゃんと時系列になってはいるんですね。
ちょっとグロかったり、えげつなかったり、燃えたり、様々ですが、4人の個性が入った作品でした。

イメージ 1
このホテルで働くことになったテッド

イメージ 2
ある部屋で女が縛られていた

イメージ 3
その夫が現れる

イメージ 4
またある部屋では4人の親子が

イメージ 5
父とは母が外出している間に

イメージ 6