anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版

2014年作品、白石晃士監督、大迫茂生、久保山智夏出演。

壮絶な戦いを霊能者の宇龍院道玄(宇賀神明宏)との協力で、何とか切り抜けた工藤(大迫茂生)と、市川(久保山智夏)とカメラマンの田代(白石晃士)。 
いよいよ映画撮影と張り切る工藤は、宇龍院にあるビデオを見せる。 それは投稿ビデオで、今回の題材は、一度訪れたら全員が発狂、または死んでしまうという「タタリ村」だった。
そこに映っていたのは若い男と女、ある電力会社の所有物となっている土地にその廃村はあった。 投稿者の兼子勝(金子鈴幸)は女友達の大畑奈々(大畠奈菜子)とその廃村に入っていく。 しかし無人のはずのその場所には、石を積み上げた魔除け?や、各所に何らかの呪術的なものが作られている。そして着いた廃屋に何やら人の気配が。 それを見た瞬間奈々が悲鳴を上げ、なんと彼女の後ろから白い手は現れ、彼女は突然速いスピードで山を下りていくと、ダムにかかった橋から飛び降りてしまう。 慌てて下を覗き込むが何の痕跡もない、と同時に空に光る火球が見えた。
実はこのタタリ村は、「四谷怪談」の原作者の鶴屋南北と関わりがあり、南北自身が呪術者だったという噂があるのだった。
宇龍院は前回以上に危険な匂いを感じるのだが、もう後戻りはできないという工藤に押され、一緒に始めから参加することになる。
そして映画という事で、アイドルの小明小明)と、物理学者 斉藤雅彦(金子二郎)もキャスティングされる。
全く超常現象を信じようとしない斉藤は、早くも宇龍院を挑発する発言を繰り返すが、宇龍院は、今回のロケの危険性を静かに言うだけであった。
そしてロケバスに6人が乗り込み、タタリ村を目指すことになるが、早くもバスのブレーキが利かなくなるというアクシデントが発生する。 そして最悪の展開がこの後待っていた…

満を持しての劇場版、関東ではもうこのシリーズの常館の渋谷UPLINKで上映され、それに合わせて旧作もかけられたそうです。行きたかったなあ…
それはさておいて、今回は白石監督のサービス精神がマックスの作品に仕上がっています。 実はDVDには、白石監督のコメントが大体入っていて、作品 それぞれの題材に意味だったり物語の組み立てだったり、いろいろ語られているんですよね。
これはその部分は入っていなかったと思うんですが、まあ見ていただくと分かる通り盛りだくさんの内容です。
まず興味を引くのは、“タタリ村”の設定ですね。以前OV作品で出した、“杉沢村”の設定をもっと怖く絞って、更なる味付けをした感じがまず一つ。
そして全作で大きな存在感を見せた宇賀神明宏演じる宇龍院道玄の再登場、そしてあのキャラを思わせる怒涛のエンディング。 ここはちょっと笑えるんですがね。
しかしこの劇場版でラストとはなりません。 大きな謎と、決着が次作に対して残ってしまうんですね。
そしてただ一人残されたカメラマン田代がどう動くのか? 衝撃の最終章に続きます。

イメージ 1
鶴屋南北は呪術者だった?

イメージ 2
そしてこの6人でタタリ村に

イメージ 3
まず小明

イメージ 4
宇龍院が

イメージ 5
斉藤も

イメージ 6
そしてとうとうこの二人にも

イメージ 7