anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

薄氷の殺人

2014年作品、ディアオ・イーナン監督、リャオ・ファン、グイ・ルンメイ出演。

1999年、中国での燃料は多くは石炭が使われる。 その石炭の中に、細長い包みが見つかった。 なんとそれは人間に刻まれた死体だった。 バラバラにされた遺体が6都市15ヶ所の石炭工場で相次いで見つかったのだ。
死んだ人間の特定に入ったところ、ある男の身分証が出てきた。 リアン・ジージュンという男で、直ぐに刑事ジャン(リャオ・ファン)は、この猟奇的な殺人事件の捜査にあたることになった。
ジャンは、妻と別れたばかりで、荒んでいた。 ちょっと前に離婚確認証をもらったばかりだった。
すぐに警察は、捜査を開始するとともにリアンの妻・ウー(グイ・ルンメイ)に夫の死を知らせに行くと、彼女は泣き崩れた。
仕事場の同僚に話を聞きに行くと、リアンは真面目で、評判も悪くない男らしい。 いったいどうして殺されたのか?
捜査を進めていくと、彼の弟が捜査線上に浮かんできた。 そして、弟の居どころを突きとめると、もう一人の男と二人でいた。 警察と言い、もう一人の男が逃げだしたので、取り押さえ、二人は逮捕される。
犯人はこの二人なのか? しかしコートの中から拳銃が出てきて、咄嗟にそれを取った男に同僚の刑事が二人殺されてしまう。 ジャンと、車を呼びに行った刑事二人が生き残ったが、ジャンは撃ちあいの末撃たれてしまう。 容疑者の二人はその場で射殺された。
怪我をして、ようやく治って退院した時にジャンは、未亡人になったウーの姿を見つける。 彼女はロン・ロン(ワン・ジンチュン)の経営するクリーニング店で働いていた。 そして家の前の木の根元に、夫の遺骨を埋めていた。
2005年、ジャンは、すっかりと肥ってしまい、酒びたりになっていた。 生き残った刑事は出世をして、今は別の事件を捜査していた。 しかし今回2人が殺され、遺体が同じようにバラバラになったという事件だった。 5年前の事件と酷似したこの事件、犯人は死んだはずじゃなかったのか?
ジャンはこの事件のカギを握る、ウーに近づいて行くのだった…

韓国映画はたまに見ますが、中国映画は久しぶりです。 ギンレイチョイスで見ることができましたが、なかなかゴツゴツしたサスペンスで、これは面白かった。
時間が切り替わるところのカメラワークもなかなかですし、心理描写も上手く取り入れていて、荒々しい感じもいいアクセントになっていましたね。 またクリーニング屋や、そのほかの仕事など、たった5年で変わったところ、変わってないところ、中国の町の雰囲気が解る作品になっています。
日本とあまり違和感のない国になりつつあるところと、やっぱり違うと感じさせるところが対照的ですね。
どこの都市が舞台なのかは今ひとつわかりませんが、一つは冬、雪が描かれておりとても寒そうなんですね。 あとは簡単に銃をみんなが持っているところ、これは映画ならではなんでしょうね。
主役のリャオ・ファ ンは「ライジング・ドラゴンhttp://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11904839.html でスリムな姿を見せていましたが、今回はちょっとたるんだ姿。 前妻と別れる時も未練たらたらのダメ刑事役でした。
そしてなんといってもヒロイン役のグイ・ルンメイですね。 独特な顔立ちですっきりした美人、日本でももっと起用してほしい、人気が大きく出そうな女優さんでした。 もちろん、この作品でも大きな秘密を抱えた存在で、彼女の虜になりそうな役でしたね。
こういう中国作品なら、もっと見たくなる、そんな作品でした。(G)

イメージ 1
バラバラ死体が各所で見つかる

イメージ 2
容疑者を確保するがこの後

イメージ 3
時は流れ、ジャンはバイクを盗まれる

イメージ 4
ジャンは未亡人になったウーに近づく

イメージ 5
スケート場に行く二人

イメージ 6