anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊

2012年作品、白石晃士監督、大迫茂生主演。

失敗に終わった口裂け女捕獲作戦であったが、販売した映像がそれなりの収益を上げた事から気を良くした工藤(大迫茂生)は次の企画に打って出たいと思っていた。 そして口裂け女取材後に工藤の元へ届いた投稿映像。 今回は廃墟とのことで映像を市川(久保山智夏)に見せる。
夜の廃墟を訪れる4人の男女。 投稿者はその中の一人真野夕子(はるうらら)だった。 他の3人は夕子の彼氏の高木良助(細川佳央)、倉田靖(小西平祐)、靖の彼女の上村早苗(清瀬やえこ)。 4人は空いていた扉から中に入る。
と、かすかに鈴の音が暗い屋内に響く。 一行は音の聞こえた階段の方へ。再び鈴の音がした。 早くも早苗が泣きだしてしまう。そしてまた鈴の音。徐々に音が近くなってくる。
躊躇しながらも階段を昇ると間近で鈴の音。 そして階下から大きな足音が。 男性が声をかけるが答えは無い。 逃げるように奥へと進む。
ある部屋の中を懐中電灯で照らすと、部屋の隅に透けた女性の姿。 それは小刻みに震えていた。 全員逃げ出し、映像がジャムって途絶える。
工藤はこの映像を見て、今回のミッションはこの震える幽霊をカメラで捕えることだ、と即座に決めるのだった。
すぐさま投稿者と連絡を取り、現場に向かう工藤達クルー、しかしこの事件も奥の深い人間模様と、奇怪な出来事が引き起こされていくのだった…

このシリーズの大きな存在の大迫茂生演じる工藤仁。 とにかく彼はハングリー精神旺盛な存在なんですよね。 とにかく前に突き進め、面白そうなネタには、どんどん飛びついていく、周りなんか気にしない、ある意味怖いもの知らずなんですが、それがともすると暴走気味になります。
でもそれがこのシリーズの大きな魅力であり、そうでないと面白くもなんともないんですよね。 でもそれも程度問題なんですが(^^)
この作品は、まず投稿者、体験をした4人にまずいろんな秘密が発覚していくんですね。 そして それにかかわる人物が、いもずる式に登場してきます。
そして物語はどんどん深みに入っていく感じです。

廃墟探訪は、確かに大きな魅力ある趣味ですが、私も昔はその手のところにはチャンスがあれば行きました。
小学生の時に、東京の井之頭公園の裏手に、ものすごい廃墟があったんですね。 中は物凄い荒れようで、もちろん出入り自由なんですが、なぜかそこには地下室があったんですよ。 そこを知っていた同級生と、半ば肝試しの様に入ったんですが、ガキだったので懐中電灯もライターも持っていません。 地下室は全くの暗闇、階段を2、3段降りたところで逃げ帰ってきました。
もちろん真昼間ですが、とても怖くて二度と近づきませんでした。 いま思えばなんで閑静な住宅街にそんな廃墟があったのか? おそらく何かの理由で、放置された裕福な家だったんでしょうね。 夜逃げ? わかりませんが、地下室付きだからそれなりの家族がいたんでしょう。
おそらく勇気を出して備えをしてはいっていたら、ただでは済まなかったかも?

イメージ 1
投稿者たち

イメージ 2
再び動き始める工藤たちだが

イメージ 3
投稿者たちにも

イメージ 4
そしてこの映像は?

イメージ 5