anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

無宿 やどなし

1974年作品、斎藤耕一監督、勝新太郎高倉健主演。

穴吹錠吉(高倉健)と駒形玄造(勝新太郎)は刑務所の中でことあるごとに競っていた。 二人は昭和十二年夏、出所した。
錠吉の方は、兄費分の女房ユキノを女郎屋へ訪ねるが、既にユキノは死んでいた。女郎のサキエ(梶芽衣子)は、ユキノの死因は自殺で、自分も同じ道を巡るのは嫌だ、足抜けさせて欲しい、と錠吉に哀願する。
駒玄は坂東梅之丞(藤間紫)率いるドサ廻りの芝居小屋に舞い戻った。 梅之丞は駒玄に惚れていて今までも彼を待っていた。
安(山城新伍)と女郎屋に遊びに来ていた駒玄は、サキエが目当てだったが、彼女と錠吉が一緒にいるところを見つける。 そしてサキエの話を聞き、 金を出せば手配してやると言う。
軍人に化け、騒ぎを起こしその隙にサキエと錠吉を逃がす段取りだったが、偽物とばれてしまい捕まった安と駒玄、逃げる手はずの船が無く、二人は川に飛び込んで脱出する。 錠吉の泳ぎが達者だったので、なんとか追ってから逃げ出すことに成功した。
しばらく一緒にいた二人だったが、人ごみの中ではぐれてしまうが、サキエはサクラをしている駒玄と再会する。
その時駒玄は、サキエから、錠吉が元潜水夫だった事を聞き、自分の「計画」に錠吉を引き込む決意をした。 駒玄とサキエは兄貴分の仇・人斬り仙蔵(安藤昇)を狙っている錠吉を捜し廻った。 そして、とある宿屋で錠吉を見つけた駒玄は、錠吉に、山陰沖に沈んでいるバルチック艦隊の軍用 金引き上げの話を持ちかけるが、錠吉は無視し、再び姿を消した。
3人の男女の不思議な関係が続いて行く…

義理堅い錠吉の狙いは、兄貴分の敵討ち、駒玄はひたすら金を稼ぐ、そしてサキエは自由を求めています。
3人3様なんですが、不思議な縁で3人が旅をし始めるところが何とも滑稽な作品ですね。 勝プロ製作なんで、勝新太郎の自由奔放さが、前面に出ている作品となっていますが、健さんの色もしっかり出ています。
梶芽衣子が若く、若いころは田中麗奈に似ている感じがしますね。
あまり笑わない役ですが、束の間の無人島? での生活の時は笑うんですね。 しかしそんな3人の自由の時間は突然終りになってしまいます。
破滅的な作品ですが、2大スターの競演という貴重な作品ですね。

イメージ 1
出所した二人

イメージ 2
昔の女のところに一度は身を寄せる駒玄

イメージ 3
サキエを足抜けさせた錠吉

イメージ 4
そして3人は再び合流し

イメージ 5
舟で脱出する

イメージ 6