anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

天使のくれた時間

2000年作品、ブレット・ラトナー監督、ニコラス・ケイジ主演。
 
1987年、ジャック(ニコラス・ケイジ)と、ケイト(ティア・レオーニ)は空港で別れを惜しんでいた。 でもジャックの搭乗時間が来て、ロンドンに立つ寸前にケイトは、「いやな予感がする。もうこれっきり会えなくなる気がする」と言って、ジャックに行かないように言いだすのだった。
ロンドンでの研修はジャックにとって大きなチャンスだった。それは将来の二人のためになることでもあった。 この時点ではそう考えていたのだが。ジャックは乗って行ってしまった。 しかし彼女は最後に言っていた。「この瞬間から二人の生活を始めるの。最初はたどたどしくても・・・」しかしジャックは留まらなかった。
2000年、マンハッタンで大手金融会社の社長として活躍するやり手ビジネスマンのジャックは、イヴの朝、恋人と目覚めるのだった。 彼は仕事に乗っている。 飛ぶ鳥を落とす勢いだった。
アラン・ミンツ(ソウル・ルビネック)は家庭思いの役員だったが、ジャックの勢いに押され、はっぱをかけられる。 しかし嫌みのない励まし方で、役員の心を掴んでもいた。
社長室に戻ると、ケイトから電話があったとメモがあった。 しかし彼は昔のことを思い出すが、あまり後悔はしていない感じで、折り返し電話をすることは無かった。
その夜、仕事の帰り道に立ち寄ったスーパーで、レジに文句を言っている男がいた。 彼は奇妙な黒人でキャッシュ(ドン・チードル)といい、換金できないと毒づいているのだった。 そして小さい銃を取りだして脅しにかかるところだった。
ジャックは、その当たり宝クジ券を買い取り、その場を収めることにした。外でその男が話しかけてきた。 なんとジャックの名前を知っていた。 そして「俺を救うつもりか?あんたは何か必要なんだろ?」と言い、そして最後に、「これから起こることは、あんたが招いたことだ」と謎の言葉を残して去っていった。
部屋に戻り、眠りにつくジャック。
次の日目を覚ますと、全く見知らぬニュージャージー郊外の家にいることに気づく。 隣で眠っているのは、なんと13年前に彼が冷たく縁を切った恋人ケイトだった。 そしてその家には子供が二人いて、大きな犬も飼われていた。 いったいここはどこなのか?
すぐに自分の家の高級億ションに向かうジャックだったが、門前払いを食い、誰も彼のことを知らなかった。 そこに昨日のキャッシュが現れた。 そして、君にきらめきを見たと謎の言葉を残し、時間をあげるとも言う。 そしてベルを貰うのだった。 ジャックの嵌った世界は、どうやら別の選択をした世界だったのだ…
 
クリスマスの晩には、いつもと違う行いをしてはいけない?、でも彼が取った行動は犯罪を未然に防ぐ行動でした。 落ち度はないんですよね。
でも、彼が飛んでしまった世界は、今までの満ち足りた世界とは正反対のつつましく、でも温かい家庭のある世界でした。 ケイトは中身が変わった夫に気付かず、周りもどうした?というレベルの反応しかしません。
でも唯一彼の異変に気がついたのは、娘のアニーなんですね。 そして彼女がもしかしたら一番最初の味方になっていきます。
このアニーとのシーンはこの作品の一番の見せ場ですね。 アニー役のマッケンジー・ヴェガは凄いですね。
人生の分岐点はいっぱいあると思いますが、彼は冒頭のケイトとの別れが大きな分岐点でした。 そしてキャッシュは彼が過去で失った一番大きなものを気づかせるために、ジャックに大きなクリスマスプレゼントをあげるんですね。
でもそれをプレゼントと感じるまでになんと時間がかかること(^^)
これもまたクリスマスの奇跡の物語でした。 ラストの空港でのシーンもいいですね。
 
イメージ 1
成功をおさめたジャックだった
 
イメージ 2
しかし彼はもう一つの世界に飛ばされる「パパじゃないよね?」
 
イメージ 3
だんだん馴染んでいくジャック
 
イメージ 4
そしてビデオに映っていたもう一人の自分、ケイトの誕生パーティーの時の映像だった
 
イメージ 5
「本当のパパになったね」
 
イメージ 6