anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ルーク・ケイジ シーズン1 ⑩

2016年作品、ポール・マクギガン ギレルモ・ナヴァロ ヴィンチェンゾ・ナタリ マーク・ジョブスト サム・ミラー アンディ・ゴダード マグヌス・マルタンス トム・シャンクランド監督、マイク・コルター マハーシャラ・アリ シモーヌ・ミシック テオ・ロッシ エリック・ラレイ・ハーヴェイ ロザリオ・ドーソン アルフレ・ウッダード出演。

第10話 傷心の真実

心臓が止まったルーク(マイク・コルター)に刺激を与えるため、クレア(ロザリオ・ドーソン)は通電した電気コンロを酸の風呂に投げ入れた。 そして最初の状態を再現するため、ナトリウムを酸の風呂に投げ入れて再び沸騰させた。 乱暴な方法だったがルークの皮膚は柔らかくなり、体内の弾丸を取り出せた。
ルークとクレアはバースタイン(マイケル・コストロフ)が信用できず逃げようとしていた。 その前にルークは見たいものがあるとクレアにファイルを開かせた。 そこにはレヴァ(パリサ・フィッツ=ヘンリー)がルークのことを被験者として語っている映像が残されていた。 その事実を知ったルークはショックを受け、パソコンや小屋の一部を壊してクレアと出て行った。
バースタインは2人が去った後、ルークが壊したパソコンからハードディスクを取り出しラップトップにつないだ。 彼はレヴァのデータをハードディスクにコピーしていた。
2人はルークが少年時代を過ごした今は無人になっている実家の教会へ行った。 そこでルークは母エスター(Joniece Abbott-Pratt)とウィリスの母デイナ(Natalie Paul)とのやり取りを思い出していた。ルークはウィルス=ダイアモンドバックが腹違いの兄弟であることを確信した。

ルークの体内から特殊弾丸を取り出す荒治療、一旦は心停止をしてしまったルークでしたが、機転を効かしたクレアの処置に救われます。
しかしアワビの組織からこの鋼鉄の体を作ったことには驚きでしたが、このバーンスタインは曲者で、まだまだ怪しい動きをしそうですね。 しかし、まだダイヤモンドバックの元に戻る前に、過去を遡り確認の作業と、リハビリがルークには必要だったようです。