anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

浮き雲

1996年作品、アキ・カウリスマキ監督、カティ・オウティネン カリ・ヴァーナネン エリナ・サロ サカリ・クオスマネン出演。

ヘルシンキ。かつての名門レストラン”ドゥブロヴニク”で給仕長をつとめるイロナ(カティ・オウティネン)と、市電の運転手ラウリ(カリ・ヴァーナネン)の夫婦は、慎ましくも幸せな生活を送っていた。

ある日、ラウリは不況のため、リストラの憂き目に。 妻にもいえないまま退職を迎え、酒の力でようやく告白できたはいいが、今度は再就職もままならず、酒を飲んでいるだけの日々に。

一方、”ドゥブヴロニク”も大手チェーン店に乗っ取られた。 オーナーのスヨホルム夫人(エリナ・ロサ)はイロナを呼び、自体を告げたうえで、新しい店ではそのチェーンで教育された人員を雇うのだと語る。 こうしてイロナも職探しの毎日に。

一方、ラウリは新しい仕事、長距離観光バスの運転手に雇われることが決まった。 ところが、健康診断で片耳に異常が見つかり、職どころか運転免許まで取り消され、彼はショックのあまり卒倒。 イロナも、やっと見つけた安食堂の仕事が、不正なオーナー、フォルストロム(マッティ・オンニスマー)のおかげで、資金もまともに払われずじまい。 怒ったラウリは殴り込むが、逆に袋叩きにされ、ようやくアパートに帰ってみれば、家財道具は運び込まれている始末。 二人は”ドゥブロヴニク”のイロナの同僚メラルティン(サカリ・クオスマネン)の提案で、もう一度レストランに挑戦してみることにした。

アキ・カウリスマキの三部作の1作目ですね。
イロナ役はカティ・オウティネン、監督作品の常連ですね。実は韓国作品に特別出演しているようで、見たいですね!
夫のラウリ役はカリ・ヴァーナネン、「ナイト・オン・ザ・プラネット」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/12/16/180000ヘルシンキのお話に出演していました。

この三部作は、フィンランド三部作で、不幸を一身に受けるという設定のお話が続くようですね。 でもアキ監督の作品は、どこか飄々としていて、どこかに救いがあるパターンが多いんですよね。 今作もギリギリまで追い詰められる夫婦を描いていますが、どこかで開き直っている感じがしますね。
ラストシーンがいいんですよね。