anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

アンダーグラウンド

1995年作品、エミール・クストリッツァ監督、プレドラグ・"ミキ"・マノイロヴィッチ ラザル・リストフスキー ミリャナ・ヤコヴィッチ スラヴコ・スティマチ エルンスト・ストッツナー出演。

1941年、セルビアは首都ベオグラードナチス・ドイツがユーゴ王国を侵略。 策略家のマルコ(ミキ・マノイロヴィチ)は単純な電気工のブラッキー通称“クロ”(ラザル・リフトフスキー)を誘い、チトーの共産パルチザンに参加、ロビン・フッドまがいの活躍で義賊と評判になる。 マルコは弟で動物園の飼育係だったイヴァン(スラヴコ・スティマッチ)やクロの妻ヴェラ(ミリャナ・カラノヴィチ)たち避難民を、自分の祖父の屋敷の地下室にかくまう。 まもなくヴェラはクロの息子を産んで死ぬ。

クロは戦前から女優のナタリア(ミリャナ・ヤコヴィチ)と不倫の仲だが、彼女は独軍将校フランツ(エルンスト・ストッツナー)の愛人になった。 クロは公演中のナタリアをフランツの面前でさらい、結婚式を挙げる。 独軍はクロを逮捕、激しい拷問を行う。 クロはマルコらに救出されたが、誤って万が一の自決用に渡された手榴弾を暴発させて瀕死の重傷を負い、地下室に匿われた。 45年、終戦。チトーを中心に共産主義ユーゴスラヴィア連邦が成立する。

監督はエミール・クストリッチャ、「世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/04/16/060000 は良いドキュメンタリーでした。
マルコ役はミキ・マノイロヴィッチ、「オン・ザ・ミルキー・ロード」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15136051 に出演していました。
クロ役はラザル・リフトフスキー、「スパイ・レジェンド」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/12625744 に出演していました。

完全版は320分以上あったようですね。 まあそれを見るのは流石にしんどいですが、ドラマとして徐々に見るならば、本国ではそうして放送されたようです。
今はもう存在しないユーゴスラヴィア、第二次対戦後に複雑な民族、宗教、言語が入り混じった連合王国が誕生しました。 その創世記と、混乱期、そして分裂期を歴史コメディタッチで描いています。 正直日本人にはなかなか伝わりづらい部分もありますが、ユーゴの歴史という点では、笑いの中に強烈な厳しさを感じる作品でした。