anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ミステリと言う勿れ ⑤

2022年作品、松山博昭 品田俊介 相沢秀幸 阿部博行演出、菅田将暉 伊藤沙莉 尾上松也 筒井道隆出演。

第5話 奇妙な入院生活! 22年前の未解決事件が動き出す

爆弾魔事件で頭を打った久能整(菅田将暉)。 外傷もなく、整も何ともないのだが、念のため大隣総合病院で検査入院をすることになってしまった。 事情を知った池本優人(尾上松也)は青砥成昭(筒井道隆)に整は警察に協力したためなので入院費ぐらいこちらで持っても良いのではないかと進言。 青砥が許可すると、風呂光聖子(伊藤沙莉)が手続のため病院に向かう。
売店で買い物をした整が病室に戻ると宛名と依頼主が自分の名前という小荷物が届いていた。 身に覚えのない箱を開けると、中にはドライフラワーと手紙が入っている。 手紙の文章から整は犬堂我路(永山瑛太)からのものだと気づき、また良からぬものが入っているのではと警戒しながら箱を改めると何かが落ちた。 そこへ、整が探していると風呂光が来た。 整が拾い上げた指輪に風呂光は動揺し、手続の用紙を渡してすぐに帰ってしまった。
その夜、整が寝ようとすると隣のベッドの老人から声をかけられる。 老人は牛田悟郎(小日向文世)と名乗り、定年退職した刑事だと言う。 そして、牛田は相棒の刑事、霜鳥信次(相島一之)と担当した事件を話し出した。 牛田は事件の解決までは話さず、整に問題として謎を解かせる。 嫌々ながらも整は2問目までを見事に正解した。
3問目は22年前に売春する女性が次々に殺害された未解決事件に関するもの。 当時容疑者は羽喰玄斗(千原ジュニア)と特定されるが逮捕には至らない。 そんな時、羽喰に狙われているという女性から保護を求める連絡が警察に入った。 牛田は霜鳥と女性に指定された場所へ向かうのだが…。

牛田悟郎役は小日向文世、「コンフィデンスマンJP 英雄編」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2022/01/17/060000 に出演していました。
霜鳥信次役は相島一之、「クソみたいな映画」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/08/02/060000 では嫌な役をしていましたね。
羽喰玄斗役は千原ジュニア、記事にした作品はありませんでしたね。

今回はちょっとホラーチックなお話ですね。 河原で落ちて頭を打った?検査入院のようなことで、警察が費用負担して入院した整でしたが、ここで出会った謎の元刑事、彼とのやり取りで終始する今回ですが、この入院、そして手渡された本からまた新たな展開になっていきます。

 

f:id:anttiorb:20220407195445j:plain

f:id:anttiorb:20220407195448j:plain

f:id:anttiorb:20220407195453j:plain

f:id:anttiorb:20220407195456j:plain