anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ブラッド・レッド・スカイ

2021年作品、ペーター・トアヴァルト監督、ペリ・バウマイスター アレクサンダー・シェーア カイス・セッティ カール・コッホ出演。

謎の操縦士が操縦する飛行機は管制塔の指示に従い、飛行場に着陸する。
あわただしく、警察とテロ特殊部隊が飛行機を取り囲み騒々しく操縦士にテロの疑いのある飛行機を明け渡すように警告をすると、その飛行機から一人の茫然自失の状態の少年:エリアス(カール・コッホ)が下りてきた。
大西洋を横断してニューヨークへ向かう飛行機、空港で息子エリアスと落ち合い、飛行機に搭乗したナディア(ペリ・バウマイスター)は、自分の謎の病気を治療するために放射線治療のしっかりした医者を頼って渡米しようとしていた。
離陸後、飛行機内のそこかしこで騒ぎが起こった、テロリストの数人が飛行機をハイジャックしたのだ。 ナディアの薬がちょうど効果が切れてきた時だった、エリアスをハイジャックから守ろうとしたしてナディアは複数の凶弾によって、胸を貫かれ倒れるのだった。
しかし、数分後、確かに息が止まったはずのナディアは姿が徐々に変貌していく。


これは面白かったですね。
監督はペーター・トアヴァルト、初めて作品を見る監督でした。
主演はペリ・バウマイスター、出演作を見るのは初めてです。
少年エリアス役はカール・コッホ、重要な役を演じていましたね。今作でのヒーローになっていきます。


物語は、病気に苦しむ女性のお話です。 なんとか治療法がありそうなアメリカに一人息子とといくことになりますが、彼女は薬が手放せません。 やっと乗る前に注射を打ち乗り込みますが、機内でいきなりトラブルが発生します。 すぐに乗り込んでいた空港警察官が止めに入りますが、実はこれはハイジャックグループが乗り込んでいた警察官を炙り出す罠でした。二人はすぐに殺され、ハイジャックグループが機内を制圧します。 そして機長は殺され、副機長が実は犯行グループの一員でした。
そんな時、母の薬を取り戻そうとエリアスが動いてしまい、それを止めようとしたナディアは息子を庇って撃たれてしまいます。 しかし彼女は息を吹き返します。 彼女はどういう体なんでしょうか?


今作は閉鎖空間の機内と、ヴァンパイア、ハイジャック、そこに至った経緯など、見どころ満載の作品ですね。 どういう決着がつくのかは最後までハラハラしますが、ハイジャック犯の強かさはちょっと不気味でしたね。


f:id:anttiorb:20210801201413j:plain

f:id:anttiorb:20210801201424j:plain

f:id:anttiorb:20210801201430j:plain

f:id:anttiorb:20210801201440j:plain

f:id:anttiorb:20210801201450p:plain

f:id:anttiorb:20210801201452j:plain

f:id:anttiorb:20210801201501p:plain

f:id:anttiorb:20210801201455j:plain