anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

キングコング対ゴジラ

1962年作品、本多猪四郎監督、高島忠夫 浜美枝 佐原健二 藤木悠 有島一郎出演。

パシフィック製薬の多湖宣伝部長(有島一郎)は、自社提供のテレビ番組「世界の驚異シリーズ」が不評のため悩んでいる矢先、南方野生薬草の調査旅行から帰った牧岡博士(松村達雄)から、ファロ島に大異変が起りつつあるという原住民の噂を聞くや、TV局の桜井カメラマン(高島忠夫)や古江社会教育部員(藤木悠)を海外取材班として急行させた。

そのころ、国連派遣の科学者を乗せて北極海を航行中の原子潜水艦シーホーク号は、突如大爆発を起した氷山から怪獣ゴジラが飛び出してくるのを見た。 彼は咆吼と共に放射能を吐きつつ北方軍事基地を粉砕、ベーリング海峡を一気に南下した。 

一方南海のファロ島に上陸した古江たち一行は、浜辺で大蛸と格闘するキングコングに胆をつぶした。 原住民の土器の赤い汁を飲んだキングコングは昏睡状態に陥って、難なく生捕りにされた。 大筏にしばりつけたキングコングを貨物船が曳いて日本へ向う途中、待ちきれない多湖がヘリコプターで飛んできた。

キングコングゴジラを戦わせれば、これ以上の宣伝はないと、大ハリキリだ。 が、ある日、大蛸が再び襲いかかってキングコングは海中に逃げた。 松島湾から日本本土に上陸したゴジラは、仙台市を過ぎ、時速五〇キロで南下を続けた。 防衛庁では科学者をまじえて対策を協議するが、ゴジラキングコングをぶつける以外に局面打開の道はない。 ゴジラを倒すには百メガトンの水爆攻撃が必要なのだ。

警察側は埋没作戦と、二十万V作戦を練った。 九十九里浜から潮来に抜けたキングコングは、中禅寺湖ゴジラと対決したが、強力放射能に敗れて姿を消した。 かくてゴジラは帝都に侵入、大東京は怪獣の蹂躙に遭って恐怖のドン底に陥った。 しかし、科学陣の二十万Vの高圧電線に触れたキングコングは、感電のショックで帯電体質となり、再び富士山上でゴジラと世紀の死闘を展開するのであった……。


もちろん「ゴジラvsコング」に繋がりはありませんが、懐かしくて、第1ラウンドを見てみました。
監督は本多猪四郎、「メカゴジラの逆襲」が東宝特撮最後の作品になっています。 いずれじっくりと一気見したいですね。
主演は高島忠夫ですかね? 記事にした作品はありませんでしたが、いつか東宝作品を書くと登場してくるでしょうね。
浜美枝は、「ホラ吹き太閤記」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14910084 とか一連の「日本一シリーズ」や、東宝特撮作品にも出演していますね。


物語は制約会社のパシフィック製薬が提供番組のテコ入れで、何か大きなヒットを狙っていたところ、南の島の魔神の噂を聞きます。 そして桜井と古江が派遣されます。 一方で北極海の氷河からゴジラが復活します。 そしてゴジラは帰巣本能で、日本に向かい始めます。
魔神とはキングコングであり、桜井達はなんとかコング得お眠らせ日本に運ぶことに成功します。 そしていざ決戦に!


この作品は、年末や夏休みに、よくテレビで放送されましたね。 その度に必ず見ていましたが、流石に何十年ぶりだったので細部は忘れていましたね。 こののちにキングコングの権利を持っていた東宝は、キングコング作品を作りますが、それもいずれ機会があれば記事にしようかと思っています。

 

f:id:anttiorb:20210428171849j:plain

f:id:anttiorb:20210428171901j:plain

f:id:anttiorb:20210428171858j:plain

f:id:anttiorb:20210428171916j:plain

f:id:anttiorb:20210428171919j:plain

f:id:anttiorb:20210428171924j:plain

f:id:anttiorb:20210428171927j:plain

f:id:anttiorb:20210428171931j:plain