anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

にしきたショパン

2021年作品、竹本祥乃監督、水田汐音 中村拳司 ルナ・ジャネッティ 泉高弘出演。

幼なじみの近藤凛子(水田汐音)と須藤鍵太郎(中村拳司)。 2人は、その独特の風貌から達磨先生とよばれる高校音楽教師(泉高弘)のピアノの門下生だ。 鍵太郎のピアノの腕は、門下生の中でも常にトップクラスで、作曲もこなす天才肌。 彼の大きな手が奏でるラフマニノフは秀逸で、テクニックでは誰にも負けない実力を持っていた。一方、不器用でコツコツと努力するタイプの凛子は、ショパンに憧れている。 そんなある日、阪神淡路大震災、そして局所性ジストニアというピアニストとしての道を閉ざされかねない大きな試練が2人を襲う。 葛藤し、苦悩しながらも凛子と鍵太郎は“魂に響く音”を追い求めていく……。


切なく淡いストレートな作品でした。
監督は竹本祥乃、今作は初長編作品となります。
主演は水田汐音、映画初主演のようですね。
相手役は中村拳司、出演作を見るのは初めてです。


物語は、幼い頃からピアノを通じて仲が良かった凛子と鍵太郎、しかしいつも一番になるのは鍵太郎で、凛子は二番でした。 しかし二人には目標があり、凛子は東京の音楽大学にくことでしたが、片親で家が貧しい鍵太郎は、コンクールで優勝をして留学を勝ち取ることでした。

二人を見守っている音楽教師は、暖かく見守り、夜の練習ができない鍵太郎に、深夜でも弾ける教会を教えてくれたりしています。
そしてコンクールの日が近づいたある日、阪神大震災が行きます。 そして母が亡くなり、鍵太郎も腕に大怪我をしてしまいます。 コンクールに出れなくなった鍵太郎、学校は凛子に代わって出場するように言います。 凛子は断りますが鍵太郎も受けろと言い、凛子は優勝して留学に行ってしまいます。 始めは欠かさず文通をしていた二人でしたが、鍵太郎はある時から返事を書くことをやめてしまいます。


今作は、ピアノを通じての淡い二人の恋が、阪神大震災が引き裂くことになってしまうんですね。 ピアニストとしてショパンが得意な凛子、しかしそれがネジまげられていくことと、鍵太郎も生きていくためにもういうことの利かない左手でピアニストではなく、専属作曲家として生きていくんですね。
離れてしまった二人の運命がひょんなことからもう一度繋がっていく、ちょっと切ないお話でしたね。


f:id:anttiorb:20210414072626j:plain

幼馴染で

 

f:id:anttiorb:20210414072629j:plain

仲のいい二人だった

 

f:id:anttiorb:20210414072638j:plain

温かく見守っていた音楽教師

 

f:id:anttiorb:20210414072645j:plain

しかし震災が

 

f:id:anttiorb:20210414072651j:plain

二人の運命が変わる

 

f:id:anttiorb:20210414072708j:plain

彼女にも異変が

 

f:id:anttiorb:20210414072654j:plain