anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

グランメゾン東京 ①

2019年作品、塚原あゆ子 山室大輔 青山貴洋演出、木村拓哉 鈴木京香 玉森裕太 沢村一樹出演。

舞台はパリ。 フランス一の三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた早見倫子(鈴木京香)。 彼女は、料理人としての人生をかけてフランスにきていた。そんな中、ある一人の男と出会う。
その男は、倫子が“実技テスト”で前菜を作ろうとしているところに、突然駆け込んできて、一方的にメニューのアイディアを出して、代わりに作ろうとする。 聞けば、昔ランブロワジーで働いていたから好みが分かるというのだ。 その矢先に、男は、借金取りに追いかけられて、去っていく。
その男こそが、パリで二つ星を獲得し、三つ星に最も近いとされたフレンチ料理人。しかし、3年前のある事件がきっかけで表舞台から消え去った日本人シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)だった。
その後、面接に落ちた倫子は、落ち込んでいる中、再び尾花と出会う。
そこで、尾花が作った料理のあまりの美味しさと、自分の実力のなさに、倫子は思わず涙をこぼした。
その時、尾花は倫子に突然、一緒に店をつくらないかと提案する。
 
昨年話題になったキムタクのフレンチのドラマです。
山室大輔は、ドラマ畑一直線の方のようですね。
青山貴洋もそうですね。
 
さて、いきなり落ちぶれた姿を見せる一人の日本人、そして単身フランスに乗り込んできた一人の女性。女性の名前は早見倫子、日本で必死にフレンチでやってきた彼女は、フランスで勝負をかけようとしましたがあえなく撃沈。 しかし現れた男から助言された一品だけは評価を受け、その男の料理は絶品でした。
彼はフランスで二つ星を付けられた主婦でしたが、ある事件で蒸発、その後どこにも使ってもらえませんでした。
そして日本で二人はある勝負に出るために、日本で店を開こうとすることになります。
 
私はやっぱりキムタクが好きなんですよね。 好き嫌いが分かれる彼ですが、私は彼の演技に惹かれます。 じっくりと見て行きます。
 

f:id:anttiorb:20200919083857j:plain

フランスで奮闘していた尾花

 

f:id:anttiorb:20200919083858j:plain

単身フランスに来た早見

 

f:id:anttiorb:20200919083901j:plain

そして二人が出会う