anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

白いドレスの女

1981年作品、ローレンス・カスダン監督、ウィリアム・ハート キャスリーン・ターナー リチャード・クレンナ テッド・ダンソン出演。

その年のフロリダの夏は、とくにむし暑かった。 事務所を構える弁護士ネッド・ラシーンウィリアム・ハート)は、親友で地元の検事であるピーター(テッド・ダンソン)と刑事オスカー(J・A・プレストン)と共に行きつけのコーヒー・ショップに入りびたり、暑さを嘆いていた。 その晩、涼しさを求めて海岸沿いの野外ステージをぶらついていたネッドの前を、白いドレスを着た1人の女が通り過ぎた。 
栗色の長い髪、美しいボディ・ラインをもつその女に、ネッドは思わず目を奪われた。立ち止まりタバコを吸うその女に彼は声をかけるが、彼女は、自分には夫がいるといってつき離し・パインウッドに家があるとだけ言い残して立ち去った。
幾晩かパインウッドをドライブして、やっと彼女を見つけたネッドは、彼女の名がマティ・ウォーカー(キャスリーン・夕ーナー)といい、夫が20歳も年上であることを知る。 2階のベランダに沢山の風鈴をもつ彼女の豪邸を訪れた彼は、そこで無理やり彼女を抱いた。
外出が多く、しかも中年じみた夫エドムンド(リチャード・クレンナ)にうんざりしていたという彼女は、ネッドに激しく燃えた。数度の激しい逢いびきの後、当然のように2人の間に殺意がめばえた。 早速エドムンド殺害の準備を開始するネッド。 爆弾のプロ、テディ(ミッキー・ローク)から特殊爆弾を入手し計画は実行された。
マティは未亡人になり、しばらく2人は会わないで過ごした・・・
 
ちょっとある意味怖いサスペンス、ミステリーでしたね。
監督はローレンス・カスダン、「ドリームキャッチャー」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15105951.html を記事にしています。 これも一癖ある作品でした。
主演はウィリアム・ハート、「アベンジャーズ」にも出演していますが、「栄光のランナー/1936ベルリン」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14363086.html に出演していました。
そしてキャスリーン・ターナー、近年では「マッド・ナース」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14529202.html に出演していました。
 
物語は蒸し暑いフロリダが舞台でした。 弁護士のネッドが美しい白いドレスの女が現れます。 そしてその女こそ謎めいた “白いドレスの女”、そして彼女の望みをかなえて行ってしまいます。
 
今作は、優秀な弁護士のネッドが、どんどん彼女に支配されていくさまが面白いんですよね。 妖艶さというか、不思議な、ある意味人間ではないような存在感のマティがゾクッとするんですよね。 怖さの中の美しさ、そんな作品でした。
 

f:id:anttiorb:20191026215342j:plain

夏の暑い夜だった

 

f:id:anttiorb:20191026215353j:plain

そしてネッドは彼女を追いかけてしまう

 

f:id:anttiorb:20191026215359j:plain

そして親密になる二人

 

f:id:anttiorb:20191026215406j:plain

そしてある計画を

 

f:id:anttiorb:20191026215413j:plain

彼女からもちかけられる

 

f:id:anttiorb:20191026215421j:plain