anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

コンフィデンスマンJP その9

2018年作品、田中亮演出、長澤まさみ 東出昌大 小日向文世 瀧川英次 小手伸也出演。

第9話・スポーツ編

ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)は、新たな詐欺のターゲットとして、若くして億万長者となったIT企業の社長・桂公彦(小池徹平)に狙いを定める。
桂は、人気アプリ 『モスモス』 を開発した株式会社モスモスの代表。 大のスポーツ好きでもある桂は、さまざまなプロスポーツクラブを買収してきたが、クラブを私物化し、横暴ともいえる現場介入を繰り返してチームを崩壊させては放り出していた。ダー子たちが桂をターゲットにしたのも、応援していた独立リーグの野球チームと、下部リーグに属する地元のサッカーチームを桂によって潰されたちょび髭(瀧川英次)からの要請だった。
ダー子たちは、野球界やサッカー界から締め出されている桂が次に目を付けるのはプロ化目前の卓球だと推測。 鴨井ミワ(平野美宇)が所属する東京ジェッツに、ダー子とボクちゃんが扮する元中国ナショナルチームの選手が加入したという設定で、桂に買収話を売り込む。 しかし桂は、その話には乗ってこなかった・・・

今回のゲストキャラは小池徹平、「食べる女」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15703212.html が近作ですね。

さて今回のターゲットにされるのは、アプリのヒットで資産を築いた若き実業家でした。 しかし彼はスポーツ界に進出、買収、そしてめちゃくちゃにして売り飛ばす。 そんな愛情のかけらもない憎しみを持って荒らしている存在です。
しかし彼に入り込むには、なにか買収させるスポーツを見つけないと。 ダー子たちは卓球に目をつけますが、あっさりと却下。 だったら何が好きなのか? それはなんとバスケットボールでした。
Tリーグ、そしてBリーグと、どんどんプロ化をしていく競技が増えていますが、このドラマも一役買っているんでしょうか?

イメージ 1
スポーツ界から嫌われている桂

イメージ 2
ダー子たちは卓球に目をつけるが、それはダメ

イメージ 3
そして新たな競技は

イメージ 4
バスケットだった

イメージ 5