anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

レディ・バード


2002年、カリフォルニア州サクラメント。 高校生活最後の年を迎え、東部の大学に行きたいクリスティン(シアーシャ・ローナン)は、地元の大学に行かせたい母(ローリー・メトカーフ)と大ゲンカに。 クリスティンは癇癪を起して走っている車から飛び降り、右腕を骨折する。
失業中の父ラリー(トレイシー・レッツ)、看護師の母マリオン、スーパーで働く養子の兄ミゲルとその恋人シェリーの5人暮らしのクリスティンは、自分を “レディ・バード”と名付けて周りにも呼ばせている。 親友ジュリー(ビーニー・フェルドスタイン)と一緒に受けたミュージカルのオーディションで、ダニー(ルーカス・ヘッジズ)と出会う。ダニーと高校のダンス・パーティーでキスをするが、帰宅して母に叱られ、また衝突する。 それでも恋は順調で、感謝祭には彼の祖母の家に招待される。
夜はそのまま、ダニーやジュリーたちとクールなバンドのライブに行く。 帰宅すると、寂しかったと母に告げられる。 ミュージカルは成功を収めるが、アフター・パーティーでダニーが男子とキスしているのを見つけ、彼と別れる。
一方、東部の大学に入るための助成金の申請書を母に内緒で父に頼む。 年が明け、アルバイトを始めたカフェにダニーたちと見たバンドの美少年カイル(ティモシー・シャラメ)がやってくる。 彼とまた会う約束をしたクリスティンは、学校ではカイルと同じ人気者グループのジェナとつるむようになり、ジュリーと疎遠になる。
ある日、ジェナの家のパーティーでカイルとキスし た後、母に 「初めてセックスするのって、普通は何歳?」 と尋ねる。 ところが母の意見も聞かず、カイルとすぐに初体験を済ませるが、彼の言葉で傷つき、母が迎えに来た途端泣き出してしまう。
その後、東部の大学からの不合格通知の中に一通だけ補欠合格があったが、まだ母には言えなかった。 高校卒業が近づき、プロムのドレスを選びながら、再び母とぶつかり合う。 自分の将来について、クリスティンが出した答えとは…

良い作品でしたね。 等身大の高校生が懐かしく感じました。
監督はグレタ・ガーウィグ、長編作品初監督ですが、脚本での参加が多いですよね。 主演映画としては 「フランシス・ハ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12891745.html 我ありますが、近年は多くの作品で存在感を見せていますね。
そしてローリー・メトカーフ、「スクリーム2」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13696194.html で記者役をしていましたね。 今作は味のある母親役でしたね。
父親役はトレイシー・レッツ、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15458897.html でフリッツ・ビーブという経営を任せれた会長役をしていました。

物語は、女子高校生の進路、恋、そして家族のお話ですね。 クリスティンは自分の名前があまりかっこよくないという思いを持っていて “レディ・バード” と回りに呼ばせています。
彼女はちょっと太った親友・ジュリアン・ステファンズといつもつるんでいますが、彼女はジュリーと呼んで欲しいといっています。 まあ当たり前に呼べますが(^^)
しかし、ある男性に恋をするレディ・バード。 彼との関係はうまく行きますがあることをきっかけに弾け飛んでしまいます。 そして彼女は、別の男の子に恋をしますが、そのためにはちょっと 違う女の子と近づいていくんですね。 ジュリーと一緒にとっていた授業、ミュージカルをサボり始め、ジュリーとの仲も壊れていきます。
そしてレディ・バードは、このサクラメントをどうしても脱出したいんですね。 でも家の経済状態ではそれが難しい、厳格な母、そして失業してしまう父、彼女はそこで進路にももがき始めます。
24歳になるローナン、でも今作はたっぷりと高校生役を見せてくれますね。 何か日本の作品を見ている感じさえします。 監督主演の 「フランシス・ハ」 の学生版という感じのお話でした。 好印象の作品ですね。

イメージ 1
ジュリーといつも一緒の“レディ・バード

イメージ 2
ダニーと付き合い始める

イメージ 3
厳格な母とは特に反発をする

イメージ 4
父は失業してしまう

イメージ 5
そして新しい彼ができるが

イメージ 6