anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

テケテケ

2009年作品、白石晃士監督、大島優子 山崎真実 西田麻衣 一慶出演。

大橋可奈(大島優子)がクラスメイトの関口綾花(西田麻衣)と学校帰りにお茶した日。 2人が別れた後、“テケテケ” という不気味な音を耳にした、その綾花が下半身のない死体で発見される。 世の中を席巻する都市伝説 “テケテケ” の仕業だった。 日没後、鉄道の歩道橋に現れ、“テケテケ” という足音に振り向くと、下半身のない女性が襲いかかってくるという。
例えそのとき逃げ切れても、一度狙われたら最後、必ず72時間後には殺されてしまう。 その “テケテケ” が可奈の目の前に現れる。 奇跡的に逃げ切った可奈は、72時間のタイムリミットから逃れるために、都市伝説を調べ始めるのだった。
その最中、図書館で出会ったのが従姉妹の平山理絵(山崎真実)だった。 女子大生の理絵は、都市伝説をテーマに卒業論文をまとめ ている最中だった。 彼女の話から、“テケテケ” のルーツが兵庫県加古川で戦後間もなく発生した女性の鉄道投身自殺にあると知る可奈。 早速、2人は加古川へ向かう。
地元の大学にいる内海圭太(一慶)から得た情報によると、投身自殺した女性の慰霊碑をその妹が供養していたが、阪神大震災で妹が亡くなって以来、放置されているということだった。 さらに、下半身のない変死体が発見される事件が発生するようになったのは、震災の頃からであるという新事実もわかってくる。
可奈と理絵は、事件を解く鍵と考えられる、慰霊碑のある三坂町へ向かう。 だが、情報にあった場所に慰霊碑はなく、電話で大学に問い合わせたところ、“ミサカ” と“ミカサ” の間違いだったことが判明。 72時間のタイムリミットが近づく中、再び2人は三笠町へ車を走らせるが…

久しぶりに再見した白石監督作品。 これは記事にする前に見ました。
主演はAKB48時代の大島優子、近作で主演は 「疾風ロンド」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14588717.html ですね。早くバリバリ映画に出て欲しいところですが。
そして従姉の理絵役で山崎真美、出演作は多々ありますが、見てはいませんね。
そしてテケテケのことを調べてくれる男役で一慶、彼ははじめてみますね。

物語は、テケテケの姿を見てしまった女子高生可奈が、何とかタイムリミットまでにテケテケの呪いを避けようと奮闘するお話です。 しかしホラーにハッピーエンドは無いのが鉄則ですからどうなるのか? というのがポイントですね。
日没後歩道橋に現れるというテケテケ、この段階では、まず正体を知ろうという事で、可奈と理絵は加古川に向かいます。 しかし大学の卒論にしては真剣な理絵、実は彼女もテケテケを見てしまっていたことがわかります。 そう二人ともこの呪いを解かなくてはならないんですね。
そこでちょっと頼りにならない学生の内海が登場しますが、彼は教授の研究からテケテケの伝説のもとになった事件のキーワードを教えてくれます。
大島優子が20歳のころの映画初主演作ですが、子役出身という事で演技がそこそこできるるという感じですが、今作はホラーなんで、却って優子のいいところはあまり出ていないようです。
そして今作は1、2同時公開という事で、2にもゲスト的に登場していきます。

イメージ 1
テケテケを見たものは

イメージ 2
こうなってしまう

イメージ 4
そして可奈も

イメージ 5
従姉妹と二人で何とか究明、そして阻止しようとするが

イメージ 3
・・・

イメージ 6