anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

人狼ゲーム ロストエデン(後半)

2018年作品、綾部真弥 田口桂監督、武田玲奈 小倉優香 上野優華 久保莉子 山地まり出演。

第6話
自称予言者の宇田川素直(米本来輝)から人狼を、都築(勧修寺保都から村人と指名された紘美(武田玲奈)。それは3回目の投票先が自分になったことを意味した。紘美の処刑後、自称霊媒師の東克彦(吉原拓弥)が正体を占い、嘘をついていた方を次の投票で処刑する流れだ。絶体絶命のピンチに、紘美はどう立ち向かうのか…?
第7話
残るは7名。しかし、人狼側は3名とも生存している可能性が高い。村人は、もう間違いを犯せない状況に追い込まれていた。狂人と自白した都築(勧修寺保都の推理ミスを利用して、生き残りをかける紘美(武田玲奈)。しかし、それは亜利沙(小倉優香)の協力と、ルナ(上野優華)の説得にかかっていた。そして、3回目の投票が始まる…。
第8話
警察は、行方不明となっていた水谷(松本享恭)の保護に成功する。これで全ての謎が解明されるのか?一方、紘美(武田玲奈)たちは、壁の落書きに新たな文字が追加されているのを発見する。そこには、『人殺しは 死んでつぐなえ』と書かれていた。人殺しとは?そして、黒幕は誰なのか…!?
第9話
広間では、ルナ(上野優華)の告白が始まっていた。いじめ事件の真相が語られていく…。一方、水谷(松本享恭)の取り調べを行っていた刑事の2人は、生徒の所持品から<人狼ゲーム>のDVDが見つかったという一報を受ける。そこには、首輪が締まり処刑される高校生の様子が映されていた。これは誰の持ち物なのか…?
第10話
嫌がらせを始めたのは自分だと自白をはじめた亜利沙(小倉優香)。一方、刑事たちは、DVDから<人狼ゲーム>に迫りつつある。真相を知った紘美(武田玲奈)は、絶対に生き残って黒幕や、これを運営している奴らに報いを受けさせると叫ぶ…。そして、19時45分。遂に最後の投票を迎える…

さて後半となりますね。
監督の綾部真弥は、人狼ゲーム以外の作品では、園子音監督の助監督を務めているのが多いですね。それ以外では 「ヒメアノ~ル」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14181600.html でも助監督をしています。
そして、亜利沙役の小倉優香が重要な役を。 彼女はいくつかの作品に出演歴がありましたが、私は今作が初めてかもしれません。
もう一人ルナ役で上野優華、「はらはらなのか。」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14848992.html に出演していました。

さて後半、いよいよゲームも華僑になって行きます。 どんどん犠牲になっていくメンバーが増えていく中、必死に生き残ろうとする紘美、ルナ、そして亜利沙、しかしこのゲームを行ううえで、何かこの学校の生徒がなぜ選ばれてしまったのかが、うすうすわかってきます。
そして警察再度にも、過去の人狼ゲームで行方がわからなくなった身内がいるんですね。
しかし、ゲームは終わったものの、完全ではありませんでした。

イメージ 1
何とか脱出を

イメージ 2
だんだん佳境に

イメージ 3
勝負のとき

イメージ 4
このゲームの裏が

イメージ 5
そして決着

イメージ 6