anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

海賊じいちゃんの贈りもの

2014年作品、ガイ・ジェンキン、アンディ・ハミルトン監督、ロザムンド・パイクデヴィッド・テナントビリー・コノリー出演。

クラウド家は、父親のダグ(デヴィッド・テナント)と母のアビー(ロザムンド・パイク)以下、9歳の長女ロッティ(エミリア・ジョーンズ)、6歳の長男ミッキー(ボビー・スモールブリッジ)、4歳の末っ子ジェス(ハリエット・ターンブル)の5人家族。 一家は、ダグの父ゴーディ(ビリー・コノリー)の75歳の誕生日を祝うため、休日を利用してロンドンからスコットランドへ向かうことになった。
ところが実は、ダグとアビーは別居中で破局寸前。 周囲にはその事実を隠して仲睦まじいフリをしていたが、子供たちには通用しない。 
両親のいつものいざこざにうんざりしながら、人の話をいちいちノートにメモするロッティ。 その一方で、空想家のミッキーはヴァイキングに憧れ、ジェスは石に名前を付けて可愛がっていた。 やがて、一家はゴーディとダグの兄夫婦が待つスコットランドの自宅に到着する。
ここで1週間の休日を過ごすことになったものの、大人たちの口論は一向に絶えない。 ダグと兄のギャビン(ベン・ミラー)は仲が悪く、ギャビンの妻マーガレット(アメリア・バルモア)は精神不安定で言動が危なっかしい。 さらに、その息子ケネス(ルイス・デービー)は我関せずと耳障りなヴァイオリンを弾き続けている。
身勝手な大人たちばかりで、せっかくの誕生会だというのにお祝いムードも台無し。そんな大人たちを尻目に、ゴーディと3人の子供たちはゴーディと浜辺までドライブに出る。
雄大な景色を前に楽しい時間を過ごしていた子供たちは、“ヴァイキングの子孫だ”というおじいちゃんの告白に大興奮。 大胆で自由なお じいちゃんの発想と言葉は、3人の孫にとって、かけがえのない思い出として刻まれるはずだった。
だがそれも束の間、穏やかな時間を襲う突然の悲劇。 そして、小さな3人が大好きなおじいちゃんのために起こした行動が、大人たちを巻き込み、とんでもない事態へと発展してしまう…

監督はガイ・ジェンキン、アンディ・ハミルトン二人の共同ですね。 ガイ・ジェンキンは他作品がありますがアンディの方は初監督のようです。
主演はロザムンド・パイク、彼女は大ヒット作の 「ゴーン・ガール」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12491242.html の主演のインパクトがいまだに強いですね。 「しあわせはどこにある」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13155078.html 「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11542842.html でもそれぞれ印象はあるんですが。
夫役はデヴィッド・テナント、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14570472.html でバーテミウス・クラウチ・ジュニアを演じたのが一番知られている?
そして祖父のゴーディ役にビリー・コノリー、多くの出演作のあるベテラン、やはり彼の存在が大きいですね。最近の大作出演は 「ホビット 決戦の行方」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12494421.html ですかね?
物語は、離婚寸前の父と母に嫌気がさしている3人の子供たちが起こした騒動、しかし3人にとってはできる限りの愛情いっぱいの行動でした。 それを巡って、父、母、叔父、叔母、さらに警察、友人がすったもんだの大騒動になってしまうんですね。
はたして子供たちの真意は伝わるのか? 確かにちょっと大胆な行動に出るところは、はっとさせられましたが。

イメージ 1
仮面夫婦の二人

イメージ 2
そんな時おじいちゃんの誕生会に

イメージ 5
マイペースなケネスと

イメージ 3
そして子供たちとおじいちゃんは抜け出す

イメージ 4
そこで思わぬ事態が!

イメージ 6