anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

シン・ゴジラ

2016年作品、庵野秀明総監督、樋口真嗣監督・特技監督長谷川博己石原さとみ竹野内豊出演。

東京湾羽田沖の東京湾アクアラインで原因不明の崩落事故が発生、これを受けて官邸に大河内清次内閣総理大臣大杉漣)をはじめとする各幕僚が招集され、緊急会議が開かれた。
会議の中で 「事故の原因は地震か海底火山の噴火といった自然災害によるもの」という推測が立てられ、その方向で結論が付けられようとしていた。 たった一人の男を除いては。
その男の名は、内閣官房副長官を務める矢口蘭堂長谷川博己)。
彼だけは 「海底に生息する巨大な生物」 によるものが原因とする可能性を示唆した。 だが、そのあまりにも突飛で非現実的な発想に総理大臣補佐官の赤坂秀樹竹野内豊)を含めた他の閣僚は当然、信じる筈がなく、それを笑って否定した。
そしていったん海中の異常発熱が収まったと思った瞬間、水中から強大な尾のようなものが現れる。 一気に巨大生物説が現実な物となった。
しかし水生生物ということで、巨大なものは陸上では自重を保ちきれないということで、上陸は不可能と思われていたが、巨大生物は、川をさかのぼり始め、被害は大田区あたりから広がっていくのだった。
そしてとうとう、川から上がった巨大生物は、甚大な被害を出しながら進行を開始する。 この未曾有の事態に人々は大混乱に陥り、これを見た政府は緊急対策本部を設置、巨大生物を害獣として扱いその駆除という名目で自衛隊に出動命令を下すのだった・・・

12年ぶりのジャパニーズゴジラ、本家の日本がどういう作品を久 しぶりに作るのか? 注目されました。
総監督に庵野秀明、監督・特技監督樋口真嗣という組み合わせ。 CGを駆使し、ゴジラモーションキャプチャーのアクターに野村萬斎が起用され、公開の昨日に発表され、クレジットに載っていました。 どこに出ていたのか? と思わされました(^^)
まあ導入部が注目されましたが、いきなりの東京湾での異常発熱現象から始まり、そこから政府の対応劇を中心にして流れて行きます。
ネタバレは最小限にしたいと思いますが、最初に “害獣” と表現される上陸の姿は、ちょっと意外な造詣でしたね。 え?え?え?という感じが正直なところで、対決ものなのか? と勘違いしました。
巨大生物としての大迫力はよく出ていましたし、とにかくもし今巨大生物が現れたらどういう対応をするのか? とことんリアルさを追及した今の時代ならではの作品だったと思います。
ただ、一言言えば、ゴジラでやることだったのかな? と思いましたが。 逆にゴジラでリアルさを描きたかったのか? そうとも取れるのかもしれません。

イメージ 1
ただ一人、巨大生物説の可能性を言っていた矢口

イメージ 2

イメージ 3
途中から日本の方向性を決める赤坂

イメージ 4
はぐれもの集団、しかし能力は高い

イメージ 5
そして自衛隊ゴジラに立ち向かう

イメージ 6