anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

キャロル


1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになるためにマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、デパートの玩具売り場でクリスマスシーズンの臨時アルバイトをしている。
テレーズには、なかなか結婚には踏み切れないでいるリチャード(ジェイキ・レイシー)という恋人がいた。 そんなある日、テレーズの前に、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探している女性キャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。 エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸す彼女に、テレーズはたちまち心を奪われる。
鉄道セットという、娘に対する贈り物にしてはふさわしくない物を、彼女は簡単に買って行く。 しかし気がつくと彼女は手袋を忘れて行った。
テレーズは、その日仲間たちと食事をした帰りに、送り先伝票からキャロルの住所に、手袋を送り、そこにクリスマスカードを書いて入れておいた。
すぐにキャロルからの電話が、売り場に入って来た。 そしてお礼がしたいからと言って、お昼を一緒にと誘われる。 ちょっと驚き、嬉しさもあり彼女はもちろんOKをする。
いつもは入らないようなレストランで、テレーズは、勝手がわからず彼女と同じものを注文する。 キャロルは女性の運転する車で帰って行った。
しかしキャロルは、夫のハージ・エアード(カイル・チャンドラー)と離婚訴訟真っ最中の人妻で、娘の親権を巡って泥沼の争いをしているのだった。キャロルはテレーズに、自宅に来ないかと誘ってくる。 郊外の大きな屋敷なのだが、彼女はその誘いも受けるのだった。
娘と一緒にクリスマスの飾りつけをしているキャロルは楽しそうだったが、そこにハージが現れる。 彼は予定が変わったと言い、娘を連れて行こうとし、キャロルにも一緒に来ればいいと荒々しく言うが、彼女は拒絶する。
キャロルはクリスマスイブまで娘と一緒にいる予定だったのだ。
あっけにとられていたルイーズはだんだん状況を把握してきたが、そんなルイーズの姿を見て、ハージはさらに、態度を硬化させる。 そこに出てきたアビーという女性の名前。
傷心のキャロルはルイーズを駅まで送り、そして二人は旅に出る約束をするのだった…

アカデミー賞候補のこの作品、日本公開は意外と速かったですね。 主演、助演女優賞の候補に挙がっている二人ですが、なんともこの二人に引き込まれる作品でした。
出会いは、ルイーズが働いていたデパート、もうそこから二人は引きあっているんですね。 でもそれだけではルイーズにしてみたら綺麗な人、キャロルにしてみたら可愛い子。 でも、キャロルの殺し文句は「天から落ちて来た子」でしたね。
わざと手袋を置き忘れて行って、しっかりルイーズは釣られてしまうんですね。
でも“釣られる”という表現は、その後のキャロルの態度で、大分見方が変わるんですね。 キャロルの一番は、愛娘、そしてアビーという女性が彼女と大きな関わり合いがあり、それを夫が問題視しているんですね。
じゃあルイーズの存在は、キャロルにとってなんなのか? それを引きずりながら物語は進んで行きます。
でも何か、この二人の関係は、理解できるというか、なるべくしてなった関係に見えました。 ただどういう着地点にするのか? そこについてはご鑑賞後にどう感じるかですが(^^)

イメージ 1
クリスマスにおもちゃ売り場で働くテレーズに

イメージ 2
キャロルが現れる

イメージ 3
テレーズには恋人がいたが

イメージ 4
キャロルには最愛の娘が

イメージ 5
そして二人は旅に出る

イメージ 6