anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発

2008年作品、河崎実監督、加藤夏希主演。

北海道・洞爺湖。 その湖畔にある国際会議場では日本の伊部三蔵首相(福本ヒデ)をホストにG8の首脳たちが勢ぞろいしてサミットが開催されていた。
東京スポーツの記者・隅田川すみれ(加藤夏希)とカメラマン・戸山三平(加藤和樹)は、東京スポーツ編集長・河西(井上純一)から、他社と同じ様な記事ではダメと言われ、近くを探索していると、何やら不思議な音をすみれが聞く。
音の出どころを追っていくがなかなか見つからない二人だが、ふと湖畔の神社にたどり着き、そこで不思議な一群を目撃した。 子供から老人まで一心不乱に踊っているのだった。 戸山はこれこそ自社ならではと思い、カメラを回すのだが、気がついた村人から追い返されてしまう。
その時だった、空から巨大な火球が落下して、中から巨大な怪獣が出現する。 会議開始直後のサミットの伊部の元に、札幌に怪獣が出現したと報告が入る。
怪獣の正体を調査に入るのだが、日本政府はサミットを中止して首脳たちの緊急帰国を準備する。 しかしアメリカ大統領が残って怪獣退治を叫ぶと、各国の首脳はそれを次々に呼応、帰国を拒否、急遽「G8宇宙怪獣対策作戦本部」に変更して会議が続けられた。
そこに何故か入り込んでいた少年の命名で、怪獣はギララと名付けられる。
そして、実はそれは隕石ではなく、中国の火星探査ロケットが札幌の市街地に墜落、ロケットに付着していた宇宙胞子が高熱エネルギーを吸収して宇宙怪獣ギララが誕生したことが解ったのであった。
そして首脳たちそれぞれのギララ対策方法を実行して行くのだったが…

この作品は、松竹で製作された「宇宙大怪獣ギララ」の続編扱いになっています。 まあ確かに松竹からギララの造形と、ギララのシーンを借りているんで、そう言えなくもないですね。 まあ河崎監督だったらそれもありですかね。
物語は、洞爺湖で開かれる8か国参加のサミットが舞台になっています。 日本、アメリカ、ロシア、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、カナダの8か国の首脳が集まるんですが、誰一人逃げ出さない。 まあ他国だったら真っ先に日本の首相が逃げ出しそうですが(^^)
この製作は安倍第一次政権期直後なんですね。 お腹の痛い首相ということで公開時にはもう辞任していましたが、何度もトイレに行く姿が映されています。
そうすると後半ではある人物が再登板してくるんですが、実はこの男の正体は?、なかなか笑える中にこれまた痛烈な風刺が入っている河崎監督ならではの作品です。
そして8か国首脳のそれぞれの作戦がどれも失敗する中、ヒロインのすみれがあるヒーローを呼ぶんですね。
今作は北海道で先行上映されたそうですが、なかなか面白い作品、当時一国会議員に戻っていた安倍さん見たんでしょうか?

イメージ 1
再び地球にやってきたギララ

イメージ 2
すみれと三平、大特ダネだが

イメージ 3
防衛軍日本支部の3人

イメージ 4
無敵のギララにある少年が

イメージ 5
このご神体のある神社に

イメージ 6
そしてタケ魔人登場

イメージ 7