anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

海街diary

2015年作品、是枝裕和監督、綾瀬はるか長澤まさみ夏帆広瀬すず出演。

長女・幸(綾瀬はるか)、次女・佳乃(長澤まさみ)、三女・千佳(夏帆)は、鎌倉で三人一緒に住んでいた。 幸は看護師、この家では母であり父だった。 佳乃は信用金庫に勤めているが、男運がなくお酒が大好き。 千佳はスポーツ用品店に勤めている。 そんな彼女らのもとに、ある日、15年前に家を出て疎遠になっていた父の訃報が届く。
幸が夜勤のため、佳乃と千佳で行くことになり、二人が着くとホームで待っていたのは、父が母と別れ家を出た後の娘の浅野すず(広瀬すず)だった。早速、父と、さらに後妻の浅野陽子(中村優子)が営んでいる旅館に案内をする。 実はすずの母は、仙台にいるときにくも膜下出血で急逝していて、ここ山形で父は陽子と暮らしていて、すずは父と一緒にここに来ていた。
葬儀がはじまったとき幸が姿を現した。 同僚が送ってくれて間に合ったということだった。 
会場で、陽子はボロ泣きをしていた。 出棺のときの喪主挨拶も出来そうもなかったので、すずにやってほしいといったので、まだ中学生のすずにやらせてはいけないと思った幸は自分が挨拶をしてもいいというと、急に陽子が自分がやると言い出す。
幸はすずがこの後、血のつながりのない陽子とうまくやっていけるかどうか心配になる。 そして帰る途中に、ここで一番景色のいいところをすずに連れて行ってもらう。
そこは見晴らしのいい、絶景ポイントだった。 しかしそこは鎌倉の 景色と非常によく似ているのだった。
いざ電車に乗るとき、幸は「すずちゃん、鎌倉で一緒に暮らさない?」と突然言うのだった。 驚く佳乃と千佳だったが、そのあと二人はすぐに笑顔になる。 すずは一瞬躊躇したが、「行きます!」と返事をする。 そして電車を追うようにに手を振り続けるのだった。
そして数日後、すずはやって来た。
4人姉妹の生活が鎌倉で始まるのだった…

原作は吉田秋生、実は私昔彼女の作品にはまっていたんですね。 名作「BANANA FISH」をはじめとして「夜叉」までは結構単行本を買って読んでいました。
だから、おそらく原作の強さは感じていたので、映像化しても外れはないと思って見に行きました。
美人4姉妹、それだけで見る価値がありそうな作品、長女の幸役の綾瀬はるかをはじめ、4人ともぴたりはまっていました。 ちらっと原作を調べると多少映画とは違うキャラがいるようですし、不定期連載でまだ継続中のようですね。全編は表わせて無いようですが、3人とすずの出会い、そして新しい生活、そして4人それぞれの生活と思い、最年少の広瀬すずも、演技がしっかりしていて、よくできていました。
また脇の役者人も素晴らしく、またもリリー・フランキーも渋くてよかったですね。
是枝監督、前作の「そして父になるhttp://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/10331056.html から2年ぶりの新作ですが、前作はショッキングな設定でしたが、今回は4人の素直な心情が出ているいい作品でした。

イメージ 1
長女の幸は、病院の医師・椎名と付き合っている

イメージ 2
佳乃は信用金庫で働いている

イメージ 3
スポーツ店で働く千佳は父の事を覚えていない

イメージ 4
鎌倉にやってきたすず

イメージ 5
生しらすを食べる4人

イメージ 6