anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

チャイルド・プレイ

1988年作品、トム・ホランド監督、キャサリン・ヒックス、クリス・サランドン出演。

シカゴ、冷たい風の吹くある夜、刑事のマイク・ノリス(クリス・サランドン)に追いつめられた精神異常の連続殺人鬼チャールズ・リー・レイ(ブラッド・ダリフ)は、行き場を失いオモチャ屋に逃げ込む。
しかし、そこでノリスの放った銃弾に倒れ、息絶える瞬間傍にあった人形を握りしめ、呪いの言葉をつぶやいた。 その時突然稲妻がチャールズの身体をつきぬけ、オモチャ屋は爆発した。
アンディ(アレックス・ヴィンセント)の誕生日、母親のカレン・バークレー(キャサリン・ヒックス)はプレゼントを用意するが、アンディはちょっと悲しそうな顔をする。 アンディが欲しかったのは、今大人気のグッド・ガイ人形だった。 でもそれは予算オーバー、慰めるが彼の心は晴れてないようだった。
ジュエリー売り場で働いているカレンに同僚のマギー(ダイナ・マノフ)が下で行商人がグッド・ガイ人形を売っていると言う。 すぐに行くとなんと30ドルだと言う。 マギーはまだ高いと言うが、カレンは相場より安いので飛びついて買ってしまう。
抜け出したところクリスウェル主任(アラン・ワイルダー)に小言を言われ、夜のシフトも入らせられることになってしまう。 しかたなくいったんアンディにプレゼントを渡し、今日はマギーに家で一緒にいてもらうことにした。
アンディの喜びようは凄かった。 もう人形を肌身離さない感じだった。 しかしその夜、不思議な現象が起き始めた。
死んだチャールズの共犯だったエディ(ニール・ジュントーリ)が捕まったニュースを人形が見たいらしいとアンディが言い始める。 またテレビを切ってもまたそのニュースがついてしまう。
アンディを寝かした後、一人でマギーが寛いでいると、後ろに人影が、そして次の瞬間マギーは襲われ、転落死してしまう。
恐ろしい事件の始まりだった・・・

今年、新作の噂がある「チャイルド・プレイ」の第1作です。 しっかり見たのは初めてかもしれませんが、どうしてチャッキーが誕生したか、しっかり描かれていますね。 連続殺人鬼の魂がなんと人形に乗り移ったんですね。 それも悍ましい、形相の男。
ただ最後に唱えた呪文、いったいどこで? それもこの事件のカギを握ることで、刑事が真相にたどり着く鍵でした。
アンディ役のアレックス・ヴィンセントはこれから長いくチャッキーとのお付き合いが始まりますね(^^)
いったん俳優から引退しましたが、結局復帰して、なんと続編に登場という、彼にとって切っても切れないシリーズになっています。
この1作目は、ラストが何とも壮絶ですね。 ちょっと小憎らしい表情の人形ですが、ここまで恐怖の対象に仕上がっているのが素晴らしいですね。

イメージ 1
グッド・ガイ人形が手に入り喜ぶアンディ

イメージ 2
しかしそれは

イメージ 3
殺人鬼が宿っている人形だった

イメージ 4
襲われる親子

イメージ 5
刑事のマイクも巻き込まれる

イメージ 6