anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

家族ゲーム

1983年作品、森田芳光監督、松田優作主演。

中学三年の沼田茂之(宮川一朗太)は高校受験を控えており、父の孝助(伊丹十三)、母の千賀子(由紀さおり)、兄の慎一(辻田順一)たちまで、家中がピリピリしている。
仮病を使っては学校をさぼり、成績も芳しくない茂之。 些細なことでテスト中に喧嘩をしてしまう。 彼は西武校を目指すと言うが、今の成績では神宮高しか行けないと担任教師(鶴田忍)に言われてしまう。
そして沼田家は家庭教師を頼むことになった。 今まで何人も家庭教師が来たが、誰もがすぐに辞めてしまうほどの先生泣かせの問題児でもある茂之。そこへ、三流大学の七年生、吉本(松田優作)という男が新しく家庭教師として来ることに なった。
遠慮をすることを知らない吉本は、まず初めに両親にどうしてほしいかと聞く。 包み隠さず父親に話してくれと迫る吉本。 そこに慎一が帰ってきた。彼は優秀な成績で西武校に入り、親の手間がかからない感じの子だった。
いよいよ茂之と勉強を始めた吉本。 クラスで最後から9番の茂之、びりは誰だと聞くが、吉本はお前も大して変わらないと言う。 その日は小手調べのようで、終わると家族と一緒に食事をとる吉本。
ワインも飲ましてもらい、帰りに車の中である条件を吉本に言う父の孝助。「茂之の成績を上げれば特別金を払おう」、順位が1番上がったら1万円出すと言う。 その提案に吉本は乗った。
茂之はクラスでもこの前の喧嘩から、多少のイジメにあうようになった。
そして、吉本との勉強が始まった。 俄然エンジンのかかる吉本だった…

これは昔に流しながら見た覚えがありましたが、しっかり見たのは初めてかも。 松田優作が、この頃からですか、こういうバイオレンスではなく個性的な作品に出演するようになったのは。 おそらく森田監督との出会いが大きかったんでしょうね。
監督とはこの後、「それから、」にも出演していますが、この作品はにっかつ・NCP・ATGの共同配給ですね。
当時結構話題になったのは、食事シーンですね。 横並びで食べるシーンは、わざとそういう演出をする森田監督のシュールさが、何とも言えない違和感を感じます。
しかしそれが最後に、とんでもないシーンに発展していくんですね。
母親役の由紀さおりが、一番まともそうなんですが、ラストシーンも眠っていくのか、それとも死んでいくのか、暗示的な仕上げになっているのもダークな感じですね。
森田作品は、良くも悪くも独特ですし、嵌ったり嵌らなかったりですが、これはその中間的な作品でした。 松田優作の違った面が見れたと言うことでは面白い作品ですね。

イメージ 1
家庭教師に来た吉本は茂之と

イメージ 2
勉強が終わると一緒に食事

イメージ 3
昼は1人の母

イメージ 4
近所の主婦と

イメージ 5
順位を上げればボーナス、エンジンがかかる吉本

イメージ 6
鼻血を出すまでやる吉本

イメージ 7