anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ヨコハマBJブルース

1981年作品、工藤栄一監督、松田優作 辺見マリ 蟹江敬三 田中浩二出演。

元刑事で売れないブルース・シンガーのBJ(松田優作)は、生活のために、仕事の合い間に私立探偵をやっている。 その日も家出少年、近藤明(田中浩二)を捜して、横浜を支配するファミリーのボス牛(財津一郎)のところに来ていた。
明はBJに 「もう捜さないでくれ」 と伝えてくれと話す。 
翌日、BJはかつての仲間、刑事の椋圭介(内田裕也)とゴルフ場で会った。 椋は部下の紅屋(山西道広)、BJの前で、何者かに狙撃された。 圭介の妻、民子(辺見マリ)はかつて、BJの恋人で、紅屋は彼女をとられた腹いせに、誰かに狙らわせたのだろうとBJに詰め寄る。
一方、BJも親友圭介狙撃殺人の捜査を独自に始めた。 圭介はファミリーに接近しすぎたため、警察からも組織からも危険な存在となっており、近く辞職して、国外脱出を考えていた。 BJは、椋が撃たれたのと同じ銃を、牛の片腕の蟻(蟹江敬三)が持っていることを思い出した。
蟻を追うBJは、彼も近日中に国外に出ることをつきとめる。 蟻の女から、彼は現在、男にしか関心を示さないこと、ハード・ゲイの4人の男と関係していることを聞きだした。
4人の集まる店に、なんと明も来ていた。 明は、牛のペットとして、美しく飾られ、愛されていた。 BJは明と話しているうちに、親しみを持つのだった。 一方、民子はBJを何かと避けようとする。 ゲイの一人から蟻の行方をつかんだBJだが、反対に敵に捕えられてしまう・・・

今作は内田裕也氏が出演していたので、見てみました。
監督は工藤栄一、記事にしている作品は 「野獣刑事」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15648428.html ですが、こういう作品が多い監督ですね。
主演は松田優作、「ブラック・レイン」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/2938909.html はやっぱりいいですね。
そして辺見マリ、歌手としての活動が多く、映画出演はキャリアほど多くはありません。 記事にした作品はなさそうです。

物語は元刑事で、今は売れない歌手をしているBJ、しかしそれでは食えないので探偵業を、昔の人脈と、腕っ節を利用してやっているんですね。 しかし舞い込んだ依頼が厄介でした。 行方不明の家出少年は、厄介な男に飼われているんですね。 それを無抵抗な少年、彼から捜さないでほしいと言われてしまいます。
しかし刑事で友人の椋が殺されて、事態は急展開をしていきます。
今作は、内田裕也氏は友情出演のような感じで、出番は一瞬のようです。 ワンシーンだけの登場で、すぐに殺されてしまいます。
松田優作氏の主演作なんで彼を堪能する作品ですが、当時としてはLGBTを扱った珍しい作品かもしれませんね。

イメージ 2
歌手と

イメージ 1
探偵業をしているBJ

イメージ 3
そして親友の椋がこの直後殺される

イメージ 4
もちろんBJが疑われるが

イメージ 6
彼は独自に犯人を探す

イメージ 5
そして死んだ親友の妻は彼の元恋人だった

イメージ 7