anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

2011年作品、田中誠監督、前田敦子大泉洋出演。

川島みなみ(前田敦子)は病床の親友・宮田夕紀(川口春奈)を見舞いに行った。 早く学校に戻り、野球部のマネージャーに戻れと励ますみなみだが、夕紀の母・靖代(西田尚美)から夕紀が手術を受けることを知らされる。
2人は小学生の時からの付き合いで、みなみが野球をやっていた時から知っていて、夕紀のヒーローはみなみだった。 夕紀は野球部には本当は力があると思っていた。 1回戦負けのチームだけど、甲子園に行く力があると思っていた。
そんな夕紀の思いとは裏腹で、野球部はのんきな練習をしている。
監督・加地誠(大泉洋)もほとんど口を出さない。 マネージャーの北条文乃(峯岸みなみ)も今一つやる気もなく、川島みなみの姿を見ると逃げてしまうほどだった。
そんなマネージャーを夕紀から頼まれたみなみは、みんなに紹介されたが、一発目にみなみはかますのだった。
「私はこの野球部を甲子園に連れて行きたい」 そう言うとみんなは笑い出した。 監督さえも、そんな事を目標にしていないという始末だった。
そんな彼女は控え投手の新見大輔(松島庄汰)の球を撃てると豪語する。 そして対決が始まった。 2球ファウルされ、そこでエースの浅野(瀬戸康史)が叫ぶ 「本気で投げないとお前は打たれる」 渾身の3球目はみなみは空振りだった。
泣きながら自転車乗って走り去るみなみ、しかし部員たちは衝撃を受けた。
みなみはその足で、書店に駆け込んで、マネージャーになるための本を書店主の保谷石塚英彦)が欲しいというと、手渡されたのは世界中のマネージャーが読んでいると言う『マネジメント』を勧められる。
家に帰って高校生の自分が読むべき本じゃいないと思うが、手に取って見てみると、意外に心に響いてくる本だった。
しかしここに書かれていることと野球部にどう当てはめたらいいのか?
そして次の日からみなみのマネージャーとしての奮闘が始まるのだった…

みなみ役に前田敦子、文乃役に峯岸みなみ、こんがらがりそうな配役ですが、そこはさておき、当時流行っていた「もしドラ」の映画化にAKB48が乗っかったという感じでした。
前田敦子の初主演映画、“まだまだ女優”としての感じが見えているんですが、不思議なもんで、この頃からちょっとした雰囲気を持っている映像があるんですね。
どういったらいいか、下手くそな部分と、ゾクっとする感じが同居しているんですよね。 女優・前田敦子の潜在力が見える作品でした。
アニメとして観ると結構嵌る作品ですが、さすがに実写だと正直クサくなります。 それは否定できないし、大泉洋も感じが違います。 彼らしくない役ですね、これも。
物語もどんなに才能が隠れていても1回戦負けのチームが、突如甲子園に出ることは99%不可能ですね。
ですからこれは野球ファンは見れないでしょうね。
この作品は、アイドル映画として、AKB48を見るか、あとはドラッカーがどう生かされているかですね。
ライトな感じで決してスポ根、野球作品として観ないことをお勧めします。

イメージ 1
夕紀は入院中

イメージ 2
夕紀の意志は野球部を甲子園に、そして

イメージ 3
控え投手と対決するが、

イメージ 4
その足である本に巡り合う

イメージ 5
それがドラッガー

イメージ 6
そして甲子園へ行くために

イメージ 7