anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ラブ・アクチュアリー

 
12月のロンドン、人々は幸せなクリスマスを迎えようと、ささやかな夢を胸に毎日を過ごしていた。
ビリー(ビル・ナイ)は、かつての持ち歌をクリスマスソングにアレンジしてカムバックを果たそうとする老いぼれのロック歌手。 レコーディングで何度も昔の歌詞で歌ってしまう。 マネージャーのジョー(グレゴール・フィッシャー)が見守る中ようやく歌いこなせた。 ジョーは必死に売り込もうとするが、スター気取りなビリーの過激で下品な発言が世間を騒がせてばかり。
作家のジェイミー(コリン・ファース)は、弟に恋人を奪われてしまった。 傷心を癒すため南仏のコテージに向かう。 そこで彼は英語のできないメイドのポルトガル人のオーレリア(ルシア・モニス)と出会うのだった。
最愛の妻を亡くしたダニエル(リーアム・ニーソン)は、ショックから立ち直れないでいた。 友人のカレン(エマ・トンプソン)と話そうとするが、彼女は家事で忙しい。 しかし同じように傷ついている息子のサム(トーマス・サングスター)のケアまでする余裕が少し欠け始めていた。
ケータリングの仕事をする若者コリン(クリス・マーシャル)は、ミア(ハイケ・マカッシュ)にちょっかいをかけるが、彼女には相手にもされない。 なかなか女の子とマッチングしない彼は、アメリカに行こうと決心する。
ミアのターゲットは社長のハリー(アラン・リックマン)だ。 ハリーはしっかり者の妻・カレンと子供たちに恵まれているが、ちょっと揺らぐ時もある。
ラブシーンのボディダブルを演じるジョン(マーティン・フリーマン)とジュディ(ジョアンナ・ペイジ)は、気まずくなるようなシーンを、他愛もない会話で楽しく撮影できることに喜びを感じていた。
画家のマーク(アンドリュー・リンカーン)の親友ピーター(キウェテル・イジョフォー)が結婚式を挙げた。 ピーターのお相手は、美人なジュリエット(キーラ・ナイトレイ)。 親友を祝福するも、ピーターとばかり喋ってジュリエットにはよそよそしいマーク。 ジュリエットは夫の親友となんとか仲良くなろうと思い悩むが、マークには彼女に知られたくない秘密があった。
新たに就任したイギリス首相のデイヴィッド(ヒュー・グラント)は若く、ルックスも良く、独身。 スタッフの紹介を受けたときに、つい変な言葉を言ってしまうそそっかしいちょっと太めのナタリー(マルティン・マカッチョン)が妙に気になる存在になってしまった。
ハリーの会社に勤めるサラ(ローラ・リニー)は、入社以来2年7ヶ月のあいだ、同僚のカール(ロドリゴ・サントロ)に恋心を抱いている。 しかし奥手なサラは、勇気を絞り出そうにも告白の言葉が出てこない。
9つの物語、色々絡み合った物語の始まり・・・
 
今日でクリスマス特集も終了です。これは先日観た「すべては君に逢えたから」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/10668622.htmlの元ネタ?的な作品ですね。 これもクリスマスの定番作品です。
豪華なキャスト、そして結構人間関係が交じりあっていて、全くリアルではなく、ありえないほどのハッピーエンド。 でもでも、この時期ならではの、幸せ感いっぱいの作品ですね。
9つの物語でどれがいいかなと思ってみてしまう作品ですが、私はトリを飾った、サムの幼い恋が一番でしたね。もう搭乗口に向かってしまった片想いの彼女に会うために、ちょっとした冒険をするサム。 思わず「行け!」と叫んでしまうほど気持ちが入ってしまいました。 これだけでも、一本の映画になりそうですね。
もう一つはコリン・ファースですね。ラストのプロポーズのシーンもまた爽快で、感動でした。 必死にポルトガル語を習うところもまたよかったです。肥った姉がまたいい味を(^^)
まあこんなに上手く行くのはこの時期だからですよね。それがクリスマスだから。
 
また来年も、いくつか取り上げられたらと思います。それでは(^^)
 
イメージ 1
デヴィッドとカレンは兄妹
 
イメージ 8
サラはカールと上手くいきそうになるのだが、彼女には事情があった
 
イメージ 2
カレンは家を切り盛りする主婦、子供たちに楽しいクリスマスをと頑張っている
 
イメージ 3
ジェイミーは幸せのきっかけを異国の地で掴む
 
 
イメージ 4
母、妻を亡くし傷心の父と息子だったが、息子の悩みはもう別にあった
 
 
イメージ 5
マークはジュリエットに秘めた思いを、声を出さずに伝えるのだった
 
イメージ 6
答えられないジュリエットだが、なぜかうれしかった彼女
 
イメージ 7
独身生活も終わり?人気の若き首相
 
イメージ 9