anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

キャプテンハーロック

2013年作品、荒牧伸志監督、小栗旬三浦春馬:声の出演。
 
人類は銀河の果てまで進出していた。 地球から多くの植民星に向けて旅立っていった人類、しかし今人類は昔の煮えたぎるような躍動感が失われ、そして地球に戻ろうとする動きが各所で起こっていった。 
しかし5000億まで増えてしまった人類は、地球は全て受け入れることは不可能だった。 そして戦いが起こった。 地球へ戻るための戦争だった。 そこで地球連邦政府は地球を完全に封鎖したのだった。 誰も戻ることを許されない星としてしまったのだった。 地球は青い美しい星として、人類の象徴としての存在となったのだった。
ある星に巨大な戦艦が現れた。 この船に乗るために、屈強な男たちが我先にと駆け出した。 そしてたどり着いたのは4人。 今回募集する人員は一人。 
ヤッタラン(古田新太)が一人づつに聞く。 「この船に乗りたい理由は?」 男たちは、「名誉」 「金」 「・・・」 そしてただ一人 「自由」 と答えた男・ヤマ(三浦春馬)にケイ(沢城みゆき)が手を差し伸べた。 
艦首に巨大な髑髏を刻んだ海賊船を駆りながら現れたハーロック小栗旬)。 宇宙海賊として地球連邦政府に叛旗を翻した彼は、全宇宙に追われる広域指名手配犯。 彼は一体どこに向かっているのか?… 
 
松本零士は今回は原作総設定という立場です。 75歳になるんですね。 
今回、フルCG作品としてよみがえったこの作品、やはり懐かしさから行ってきました。 さすがに昔のハーロックではないんですが、全く新しいという感じもしないんですね。 
小栗旬ハーロック像はちょっと若い感じがしました。 でも一生懸命重さを出そうとしている努力は感じました。 さすがに、2時間で全設定を語りつくすことはできず、またテーマが地球なので、宇宙を縦横無尽に航海するイメージとも違っていました。 私にはキャプテンハーロック・ビギンズに見えましたね。 
松本零士作品は時代と共に、ちょっと設定を変えつつ、たまに続編を作りながら、今も続いている、流れている感じがします。 今回も、今ならこういう設定で、ということなんでしょう。 原作、昔のテレビシリーズ、今回の映画、ハーロックでありながらどれも違うテイストですが、個人的には昔のアニメの映画 「銀河鉄道999」 にゲストで出てくるハーロックが一番好きなんです。 
またトチローとの関係ももうちょっと描いて欲しかったです。 映画としては面白かったです。 息子は初めてのハーロック体験なので、ちょっと戸惑い気味でしたが、迫力、CGの質は合格点だと思います。 
でもやっぱりこの手の作品は、リアルタイムで見ていたからちょっと辛口になっちゃいますね。 


イメージ 1
海賊たち

イメージ 2
意外に武闘派のヤッタラン

イメージ 3
幻想的なエイリアン・ミーメ

イメージ 4
ヤマを決めたケイ

イメージ 5
海賊たちの戦い


イメージ 7