anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ザ・ディフェンダーズ ⑥

2017年作品、SJ・クラークソン Peter Hoar Phil Abraham ユタ・ブリースウィッツ Stephen Surjik Félix Enríquez Alcalá Farren Blackburn監督、チャーリー・コックス クリステン・リッター マイク・コルター フィン・ジョーンズ出演。

第6話 迫りくる死

ダニー(フィン・ジョーンズ)が何かの鍵だと知った彼らは、ダニーを戦いに参加させずヤミノテから隠そうと話し合った。 しかしダニーは断固として戦うと言い張り、彼らはダニーを気絶させて拘束した。 ダニーが逃げださないようルーク(マイク・コルター)が見張り、ジェシカ(クリステン・リッター)とマット(チャーリー・コックス)はミッドランド・サークル社の地下にマットが見つけた深い穴について調べに行くことになった。
2人がレイモンドの自宅を訪ねると妻は留守で娘のレクシイ(Chloë Levine)が一人でいた。 マットとジェシカは娘に話を聞いたが、娘は普通の中年だった父が事件があるだいぶ前から変わってしまったと話した。 ジェシカはマットの生い立ち、ボクサーの父が悪事を働くのを断ったために殺されたことを話して娘を慰めた。 マットはピアノを弾こうとしてそこに設計図が隠されていることを発見した。 それはミッドランド・サークル社の設計図で、それによると地下30mのところにドーム型のトンネルがあるらしかった。2人はレイモンド家を後にした。

なんとダニーを拘束、監禁することに決めた三人ですが、ここで大きな動きが出ます。
そしてどうやらエレクトラは、記憶を取り戻した感じがします。でもアレクサンドラの前では従順な態度を見せます。 これが不気味でしたね。 そして一気に後半物語が動きます。
しかし、ブラックスカイは強いんですよね。 復活しただけでなく、ルークさえも1発で気絶させる力があるのは驚きです。