anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ルーク・ケイジ シーズン1 ⑨

2016年作品、ポール・マクギガン ギレルモ・ナヴァロ ヴィンチェンゾ・ナタリ マーク・ジョブスト サム・ミラー アンディ・ゴダード マグヌス・マルタンス トム・シャンクランド監督、マイク・コルター マハーシャラ・アリ シモーヌ・ミシック テオ・ロッシ エリック・ラレイ・ハーヴェイ ロザリオ・ドーソン アルフレ・ウッダード出演。

第9話 果たすべき本分

ルーク(マイク・コルター)はごみ収集車の中で意識を取り戻し、自力で這い出した。しかしふらついて歩いているところを警官に見つかり銃撃されてしまう。 ルークは警官を投げ飛ばして逃げた。
ミスティ(シモーヌ・ミシック)はクレア(ロザリオ・ドーソン)の首を絞めたことで聴取を受ける。 そしてダイアモンドバック(エリック・ラロイ・ハーヴェイ)に殺されそうになったことで平常心を失っていた自分に気が付き、クレアに暴力を振るったことを後悔した。 彼女はリドリー警視正(カレン・ピットマン)にケイジを捕まえるには彼に信用されている自分が必要だと言って現場に復帰した。
マライア(アルフレ・ウッダー)はドミンゴ(ジェイコブ・バルガス)にコットンマウスが取引していたマフィアのボスたちを集めさせ、自分は手を引くと宣言した。 しかしそこへダイアモンドバック(エリック・ラレイ・ハーヴェイ)が現れ、陰で裏切っていたドミンゴ以外を殺してしまう。 マライアはダイアモンドバックに、ケイジを撃った銃を警察に売ればヒーローに対抗できる武器があると知れ渡り、皆が銃を買いに集まるだろうと提案した。 ダイアモンドバックはその話に乗り、強引にマライアに手引きをさせることにしてしまう。

ジワジワと前に出てくる、ダイヤモンドバック。 彼の登場が不気味で、はっきりとわかりませんがルークと因縁のある人間だとわかりますし、それがラストにより鮮明になるんですね。
しかし致命的な2発目を食らってしまい、絶体絶命になった時、やはりクレアが彼を吸うためにある人物に会いにいくんですね。