anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

スパイダーマン2

2004年作品、サム・ライミ監督、トビー・マグワイア キルスティン・ダンスト アルフレッド・モリナ ジェームズ・フランコ出演。

グリーン・ゴブリンとの死闘から2年。ピーター(トビー・マグワイア)はスパイダーマンとして日夜悪と闘いながら大学にも通っていた。 しかしヒーロー稼業の忙しさゆえにコロンビア大学で物理学専攻では落第寸前。 せっかく見つけたピザ屋のバイトもクビになってしまった。 そんな中ピーターは、メイおばさん(ローズマリー・ハリス)が開いてくれた誕生パーティーでMJ (キルスティン・ダンスト)とハリー(ジェームズ・フランコ)に久々の再会を果たす。 しかしゴブリンの一件以来MJとの距離は広がり、ハリーともどこかぎこちなくなっていた。
ある日、ピーターはハリーの紹介で尊敬する科学者オットー・オクタビアス(アルフレッド・モリーナ)と出会う。 ハリーは父ノーマン(ウィレム・デフォー)亡き後、オズコープ社の社運を賭けた核融合プロジェクトを仕切っており、その中心人物がオクタビアスだったのだ。 オクタビアスはピーターを好意的に迎え入れ、科学に寄せる情熱を力説した。 妻ロージー(ドナ・マーフィー)とも仲むつまじいオクタビアスは、ピーターにとってまさに理想の存在だった。
翌日。 オクタビアスが観衆の前で核融合のデモンストレーションを行う日がやってきた。 オクタビアスは脊髄に人工知能を搭載した金属製のアームを直結し、そのアームで人間の入り得ない状況下での実験を披露するという。 実験は順調に進んでいったが、実験装置に過負荷がかかり、強力な磁場が発生した。 会場は粉々に破壊され、観衆はパニックに。 その場に居合わせたピーターがスパイダーマンとして活躍し、最悪の事態は免れたが、ロージーは命を落とし、オクタビアスも意識不明となり病院に運ばれる。 だが、事故で制御チップを失ったアームの人工知能が覚醒し、オクタビアスの精神を乗っ取り医師達を虐殺して逃亡してしまう。 思考をアームに支配されたオクタビアスは「ドック・オク」と化し、実験装置の再建をもくろみ資金調達のため銀行を襲撃する。
一方、ヒーローとしての使命に迷いが生じていたピーターは超人的な力が消え始める。苦悩の末、ピーターは遂にスパイダーマンを引退することを決意する。

今作の敵役はアルフレッド・モリーナ、「ウォーターマン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/12/14/180000 に出演していました。
ジェームズ・フランコは、「THE ICEMAN 氷の処刑人」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/11/22/180000 に出演していました。

この2作目もなかなかハードな展開でしたね。 もどかしいピーターとMJが一つの結果が出るんですがね。
ただ、この2作目の暴走トレインのシーンは大感動した覚えがあります。 決死の行動で電車を止め乗客を救ったピーター、マスクが取れ正体を乗客に晒してしまいますが、誰も正体を明かさないと誓い、逆にオクからピーターを守ろうとするシーンはちょっとうるっとくるんですよね。
情緒的なサム・ライミ版ですよね。


f:id:anttiorb:20220106192242j:plain

f:id:anttiorb:20220106192247j:plain

f:id:anttiorb:20220106192252j:plain

f:id:anttiorb:20220106192254j:plain

f:id:anttiorb:20220106192259j:plain

f:id:anttiorb:20220106192301j:plain

f:id:anttiorb:20220106192308j:plain

f:id:anttiorb:20220106192310j:plain

f:id:anttiorb:20220106192315j:plain