anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

恐怖新聞 2020年ドラマ ⑥

2020年作品、中田秀夫監督、白石聖 佐藤大樹 駿河太郎 黒木瞳出演。

消えた恐怖新聞

恐怖新聞の持つ“力”を知った篠崎(駿河太郎)から「私が恐怖新聞を引き継ぎましょうか」との申し出があったが、断る詩弦(白石聖)。詩弦にはこれまでの恐怖新聞も読めなくなり、新たな新聞も来なくなったのだ…。しかし、恐怖新聞の呪縛から解放され、ホッとしたのも、束の間、謎の呼び出しメールが詩弦の元へ来るようになる……。
「アシカガ」と名乗る送り主は、詩弦の自転車のブレーキを壊した人物を知るという。詩弦が指定されたネットカフェに行くと、火事が発生。アシカガに会うことはできなかった。後日、多数の死者が出るほどの火災だと知った詩弦は、恐怖新聞と契約した誰かが、自分を殺すためにそこに呼び出したのではないかと推測する。
自転車事故の際、桃香(片山友希)の姿を見た詩弦は、新しい契約者は桃香ではないかと疑い連絡をするが、音沙汰がない…。「桃香を放っておけない、巻き込んだのは私」と心配した詩弦は勇介(佐藤大樹)と桃香のマンションへ行くが、そこで見たものとは…?
再びアシカガからメールが来た。詩弦は勇介と指定されたカフェに行くも、今度は発砲事件に遭遇。勇介のとっさの判断で、九死に一生を得た詩弦。
恐怖新聞が消えて、桃香も消えた…。アシカガは何者なのか?その目的とは??自分たちの身に何が起こっているのか?全く想像もつかない状況に怯える詩弦と勇介。2人の関係はギクシャクしだす…。そのことを知った歌子は、戦慄の行動に出る!?
恐怖新聞不在でも、怖さは健在!!新しい契約者は誰なのか?恐怖新聞によって狂わされた人生は、どう交錯するのか??“愛”がゆえの豹変と狂気!想いが過ぎて生まれる“恐怖”。愛と恐怖が共存する本格ホラーは想像を絶する展開へ…
 
いきなりの時代劇となった前回、過去の因縁が恐怖新聞を読んだということのようですが、ちょっとぶっ飛んだ脚本にびっくりしましたね。
しかし、今の時点に戻っても、何も解決していません。そして詩弦は、恐怖新聞の呪縛から解放されています。しかし、桃香のその後が気になる詩弦、そしてとうとう勇介が。
 

f:id:anttiorb:20201114200229j:plain

詩弦はまだ気がかりが

 

f:id:anttiorb:20201114200227j:plain

恐怖新聞を受け継ぎたい刑事の篠崎

 

f:id:anttiorb:20201114200224j:plain

桃香のことが気になるが

 

f:id:anttiorb:20201114200233j:plain

桃香

 

f:id:anttiorb:20201114200241j:plain