anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

GODZILLA 星を喰う者


21世紀初頭。 怪獣をも凌駕する究極の存在 “ゴジラ” に地球を奪われた人類は、移住を目的にその一部を他恒星系に送り出したものの、計画は失敗。 失意に打ちひしがれて帰還した人類を待ち受けていたのは、二万年の時間が経過し、あらゆる動植物がゴジラ細胞を持つ “怪獣惑星” と化した地球だった。
そこに君臨するのは、体高300mを超える史上最大のゴジラ “ゴジラ・アース”。 ゴジラ討伐に燃えるハルオ(宮野真守)は、人類の遠い子孫に当たる種族フツアの双子の姉妹マイナ(上田麗奈)とミアナ(小澤亜李)の導きにより、対G決戦兵器メカゴジラの残骸が、増殖を続けていることを知る。
残骸を構成するナノメタルを使って武装要塞都市 “メカゴジラシティ” を起動させると、ゴジラ・アースに挑む。 この作戦の最中、共存してきた異星人ビルサルドと地球人類の亀裂が表面化。 ビルサルドのリーダー、ガルグ(諏訪部順一)の “ゴジラを倒すならば “ヒト” を超えた存在へ” という信念を認められないハルオは、ガルグを葬る。 だがそれは、ゴジラ・アースを倒す唯一の機会を放棄することを意味した。一方、ハルオの幼馴染ユウコ(花澤香菜)は、ビルサルドによる人体の強制ナノメタル化により、脳死状態に陥る。 人類に敗北感が広がる中、人類と共存してきたもう一方の異星人、宗教種族エクシフの大司教、メトフィエス櫻井孝宏)は、ハルオが戦いに生き延びたことは奇跡だと唱え、信者を増やしていく。 その裏には、エクシフが密かに抱 く“究極の目的” があった。 
そんなメトフィエスに警戒心を覚えるマイナとミアナ。 そしてハルオは、自らが “人” として何を為すべきかを自問する。 やがて、ゴジラ・アースに優る存在を失った地球に、金色の閃光を纏ったギドラが降臨。 天地を揺るがす超次元の戦いが始まる。 “ゴジラ”とは何か。 “人”が為すべきことは何か。 ハルオが目にする未来とは……

3部作の最終章、ゴジラ以外の巨大怪獣がいよいよ登場する回となって行きますが・・・
監督、声優さんはすべて同じ。 まあ新しいキャラも出ませんので。
物語は、ナノメタル技術のメカゴジラシティが、ハルオが阻止したことにより、人類はゴジラと戦うすべをなくしてしまいます。 空ではビルサルドと地球人の争いが起き始め、その間隙を突いてエクシフの信仰がどんどん広がって行きます。 しかしそれはある手順を踏んでいただけでした。 そうエクシフのリーダーのメトフィエスはあるものを呼ぶ時期を、そのピースが揃うのを必死に待っていたんですね。 そしてとうとうあの存在がやってきますが、それは想像を超える存在でした。
とまあ、ようやく完結した3部作でしたが、正直、日本のアニメーションであのゴジラをという画期的な取り組みでしたが、自らハードルを上げすぎてしまった作品になったと思います。
設定が高度で、結局ゴジラ以外の小さな動物以外は、登場怪獣はゴジラのみ、まあそれで2作を引っ張ってきましたが最後にギドラとモスラが登場、しかし通常の登場の仕方ではなく、怪獣映画ファンとしてこれはありなのか? と思う人も多い事だと思います。
力が入った割には、ゴジラ以外のものを見せられた作品になってしまいました。
実写での作品の 「シン・ゴジラ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14324762.html はゴジラではないゴジラでしたが、ついていけたとの比較になってしまいますが、この3部作は、難しかったし、きつい時間になってしまったと思います。

イメージ 1
ナノメタルに侵食されたユウコ

イメージ 2
メトフィエスが信仰を広め

イメージ 3
信奉者も

イメージ 4
そして

イメージ 5
二人の生き方も

イメージ 6
ギドラが現れる

イメージ 7
ゴジラとの戦いが

イメージ 8