anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ミッション

1986年作品、ローランド・ジョフィ監督、ロバート・デ・ニーロ ジェレミー・アイアンズ レイ・マカナリー リーアム・ニーソン出演。

巨大な滝へとつながるイグアス川の上流で、十字架にかけられた男がインディオたちの手で流れに押し出されていた。 南米内陸奥地のインディオたちに神の教えをもたらそうとするイエズス会の神父ジュリアンだ。 彼は、十字架にかけられた無残な亡骸となった。
彼のかわりガブリエル(ジェレミー・アイアンズ)が布教にきた。 殺気だった雰囲気の中で、彼はオーボエを吹き、その美しい音色にインディオたちの心は柔らいだ。 武器を手にしたグァラニー族の小さな村に迎えられたガブリエルは、そこで、ロドリゴ・メンドーサ(ロバート・デ・ニーロ)の存在を知って落胆する。 彼は庸兵にして奴隷商人。 アスンシオンの街では知らぬ者がいないこの男は、平和な村に奴隷狩りという魔の手をのばしていた。
総督にインディオを売りさばいてアスンシオに戻ったメンドーサは、愛人カルロ(チェリー・ランギ)から、フィリッポ(エイダン・クイン)との愛を取ると告白されショックを受ける。 実の弟であるフィリッポを、嫉妬に狂ったメンドーサが殺したことを、イエズス全本部に戻ったガブリエル神父は知った。
弟殺しで独房に入ったメンドーサを連れ出したのはガブリエルだった。 重荷を背負い岩場を踏みしめるメンドーサを、インディオたちが見守った。
数年後、滝の上にサン・カルロス教会が建ち、枢機卿アルタミラノ(レイ・マカナリー)が到着した。 イエズス会の神父を集めた会でも、私腹を肥やすことしか眼中にない偽政者たちに、見習い神父として控えていたメンドーサは怒りを爆発させた。
メンドーサの怒りをアルタミラノに説明するガブリエル。 枢機卿は懊脳した。 奴隷に関することはポルトガルとスペインとイエズス会の政治にも影響があるのだ。
両国ともイエズス会の勢力増大を恐れ国内のイエズス会士追放をもくろんでいるのだった・・・

キリスト教の宗派に詳しいと、もっと深く見れたかもしれません。
監督はローランド・ジョフィ、「キリング・フィールド」 が代表作ですが、記事にはしていません。
主演はデ・ニーロになりますかね。 近作は 「ダーティ・グランパ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14671241.html ですね。

物語は18世紀のキリスト教の物語。 いきなり、男は十字架にかけられなきがらを川に流されます。 布教に来た神父の最後の姿でしたが、どういったことでこういう葬られ方なんでしょうか?
そして派遣された新しい神秘のガブリエルでしたが、メンドーサという存在が大きな障壁になっていることに気がつくんですね。 未開の土地に利権を争う為政者たち、そして最後は激しい戦闘に。
ある時代の布教活動、また未開の地に布教をするということは、命の危険が付きまとうことだというのが、今作は色濃く描かれています。
宗教観漂う作品のラストは激しい戦い、そういう時代だったと思えると同時に、今も色濃くの残るるのは思想、宗教の違いでの戦争ですね。

イメージ 1
川に流される前任の宣教師

イメージ 2
新しく来たガブリエル

イメージ 3
ここの部族は武器を持っていた

イメージ 4
メンドーサは試される

イメージ 5
しかしとうとう戦闘になっていく

イメージ 6