anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

妖怪大戦争(2005年)


妖怪の世界では謎の現象が起きていた。 アギがいろんな妖怪をさらって行き、別の姿に変えるという残酷なことをしているのだった。 その中のスネコスリの一団も、1匹を残して捕まってしまうが、その中の1匹は傷を負いながら、何とか逃げ延びるのだった。
両親の離婚に伴い、母・陽子(南果歩)の実家のある鳥取の田舎町に暮らしている10歳のタダシ(神木隆之介)は、都会から来たという事で、近所の悪ガキからは少し苛められていた。
そんなある日、神社のお祭りでその年の “麒麟送子” に選ばれる。 麒麟送子とは、世界に平和をもたらす正義の味方で、それに選ばれた子供は大天狗が守る伝説の聖剣を取りに山の洞窟に行かなくてはならないということを、あとで悪ガキたちから聞かされるのだった。 しかし、元来臆病者のタダシにはそれが出来ない。
ある夜、タダシのじいちゃん(菅原文太)が書置きを残し、姿を消してしまった。心配するタダシは、じいちゃんが待つ大天狗の穴へ急ぐ。 勇気を振り絞り、必死に大天狗の穴に行くタダシだったが、怪現象が次々と起こってくる。
そしてそこに現れたのが妖怪 “猩猩” (近藤正臣)とその仲間の“川姫”(高橋真唯)と“川太郎”(阿部サダヲ)だった。 実は、彼らは彼の麒麟送子に選ばれたタダシの勇気を試していたのだった。 猩猩は二人の妖怪とともに、そこに集った妖怪たちに危機を訴え、タダシに対しても何とか戦う事を懇願する。
加藤保憲豊川悦司)という元は人間だった男が、強大な力を持って古代先住民族の怨念の蘇りである魔人と化し、人間に捨てられた機械などの廃棄物の怨念と日本古来の妖怪たちとを大怨霊 “ヨモツモノ” の力で混ぜ合わせた、新種の悪霊 “機怪” を使って人類を壊滅させようとしているというのだった。 その手先となり、加藤に心酔しているのがアギだというのだった。
しかし、元来他のことなど興味のない、妖怪たちは、一致団結などするよしも無く、散々タダシを脅かしただけで散開してしまう。 結局残ったのは猩猩と、川姫、川太郎、そしてタダシにしっかりとついているスネコスリしかいなかった。
こうして、妖怪たちに悪意が無いと分かったタダシは、彼らと共に大天狗の洞窟で聖剣を取りに行くのだったが…

今作はあの名作 「妖怪大戦争」 のリブートかと思いましたが。
監督は三池崇史、三池作品らしくなかったなあという感じですが、近作は 「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15074910.html ですが、テイストは確かに監督作品ですね。
主演はまだ幼いころの神木隆之介、今はもう有力な主演俳優ですね。 近作は上記の作品ですが、「3月のライオン」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/MYBLOG/yblog.html?m=lc&sv=3%B7%EE%A4%CE%A5%E9%A5%A4%A5%AA%A5%F3&sk=0 での演技は秀逸でした。
さて今作は、宮部みゆき荒俣宏京極夏彦、そして水木しげる御大も出演していましたが、慣習的な役目もしていたんですね。 さらに今でもあるのか雑誌・「怪」 とのタイアップもされていました。

物語は魔人・加藤保憲が大きな野望を描き、人間と、妖怪の世界すべてを握ろうとするお話でしたね。 その手先になって動くのがアギという妖怪で、栗山千明が演じていました。 彼女は、加藤に心酔しているというよりも愛しているという感じで、同化したいほどなんですね。
そして、彼女が妖怪を捕まえヨモツモノと合わせ、軍団を作って行き世界を滅ぼそうとすることに、麒麟送子が立ち向かいます。 しかし初めてのアギとの剣を合わせの時に、なんと聖剣が折れてしまうんですね。 大きな力を宿した聖剣がなぜ折れてしまったのか? それはまだまだタダシの心が定まっていなかったという事でしょうか。
今見返すとそれなりに面白いのですが、当時はあの名作と比較してしまって、ちょっとコミカルすぎたと感じてしまっていました。
あの大映妖怪3部作はまた見直して記事にしたいですね。

イメージ 1
じいちゃんがいなくなって

イメージ 2
バスに乗ったが

イメージ 3
妖怪に囲まれる

イメージ 4
危機が迫る

イメージ 5
彼女がどんどん妖怪たちを

イメージ 6
改造していく

イメージ 7
加藤のために

イメージ 8