anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ウィッチ

2015年作品、ロバート・エガース監督、アニヤ・テイラー=ジョイ主演。

1630年、アメリカ・ニューイングランド。 ウィリアム(ラルフ・アイネソン)は、自らの信念と合わず町の教会と対立をしてしまう。 敢然と批判をした彼は町にこのままいることができず、妻のキャサリン(ケイト・ディッキー)と、長女のトマシン(アニヤ・テイラー=ジョイ)、長男のケイレブ(ハーヴィー・スクリムショウ)、双子のマーシー(エリー・グレインジャー)とジョナス(ルーカス・ドーソン)、そして赤ん坊のサムの5人の子供たちと敬虔なキリスト教にのっとった生活を送るため、村はずれにある森の近くの荒れ地にやって来る。
貧しくてもここなら理想の信仰のもと生活ができる、そんな思いの夫婦で、子供たちもついてきたのだった。
しかしトマシンが、赤子のサムの世話をしていて、ちょっと目をつぶった一種の隙にサムが消えてしまう。 トマシンが見上げた先には森しかない。 何者かに連れ去られたとしか考えようがないが、そんな怪しい人影さえも、見つけることはできなかった。
行方不明になってしまったのは狼に連れ去られたのでは? 家族は悲しみの中、そんな思いに行きつくのだが、それでもウィリアムは森の中に入り銃を持って探すが何の手がかりも見つけることはできなかった。
母・キャサリンの悲しみが一番深く、彼女は消えたその時に居合わせたトマシンのことがどうしても疑いの目で見始める。 そして何かにつけて彼女を疎ましいようなそぶりをし始めるのだった。
そんな時ウィリアムは、ケイレブを誘い森の中に入って行く。 彼が息子に見せたのは動物を生け捕る罠だった。 そしてその罠を買うために、キャサリンの持っていた銀のコップを売ったことを告げるのだったが、誰にも言ってはいけないと言う。
そして夕食の時、キャサリンが自分の銀のコップが見当たらないと言いはじめる。 疑いはマシソンに向けられるが、ウィリアムもケイレブも何も言わない。 そしてキャサリンのマシソンに対する疑念は一層深くなっていく。
その疑念とは彼女が魔女ではないかというものだった…

監督はロバート・エガース、長編初作品となります。 主演はアニヤ・テイラー=ジョイ、実は彼女は 「スプリット」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14917148.html でヒロインを演じていて先に公開されていますが、今作の主演が初の長編作品出演で、一躍脚光を浴び、リドリー・スコットの息子のルークの初長編監督作品に抜擢、そして 「スプリット」 出演になっていくんですね。
物語は、サムが消えたことから、この家族に何らかの災いが降りかかってきたことが予感されます。 そしてちょっと不吉な黒い山羊を、双子が変な歌を歌いながら挑発をするんですね。 黒い山羊はキリスト教の悪魔のバフォメットを想像させ、双子に対して辞めさせようとトマシンが、双子を諌める時に自分は魔女だと言ってしまうんですね。
もちろん彼女は言う事を聞かない双子を叱る意味で、なにげなくついた嘘なんですが、どうやらここが分岐点になっていく感じがします。
魔女をテーマにしたホラー作品ですが、登場人物は赤ん坊を含めたこの7人だけと言える作品。 いったい誰が魔女なのか、悪魔なのか、ちょっと予想しづらい結末でした。

イメージ 1
教会で意見の違いを言う父に従う子供たち

イメージ 2
村はずれの森の近くに

イメージ 3
ここでは信念どおりの信仰ができる

イメージ 4
黒山羊を挑発する双子

イメージ 5
仲の言い姉弟

イメージ 6
そして赤ん坊が消え、一人で森に入っていくケイレブ

イメージ 7