anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー


超常現象捜査防衛局 “BPRD” のエージェントであるヘルボーイロン・パールマン)は、水棲人のエイブ(ダグ・ジョーンズ)、念動発火能力者のリズ(セルマ・ブレア)と組み、怪事件の捜査や魔物退治にあたっていた。 BPRDの存在は極秘だが、徐々に民間人にも気づかれ始め、局長のマニング(ジェフリー・タンバー)は証拠隠滅とマスコミ対策に追われていた。
ある夜、マンハッタンのオークション会場が何者かに襲撃される。 BPRDチームが現場に到着すると、凶暴な “歯の妖精” の群れがいた。 苦戦の末、最後はリズの火炎攻撃で殲滅をするが、その際に窓際にいたヘルボーイが外に落下してしまい、彼の姿はテレビカメラに収められ、世界中に報道されてしまった。 そのため、幽体離脱中に肉体を失った霊媒ヨハン・クラウス(ジョン・アレクサンダー、ジェームズ・ド ッド)がお目付け役としてBPRDに加わる。
一方、闇の世界では、ベツムーラ王国のバロル王(ロイ・ドートリス)の息子・ヌアダ王子(ルーク・ゴス)が王宮に戻る。 絶滅寸前のエルフ族の末裔でもあるヌアダは、地上の支配者である人間を抹殺しようとしていた。 そこで、封印されている不滅の鋼鉄兵団 “ゴールデン・アーミー” を復活させるため、3つに分割された王冠を集めていた。
1つ目のパーツはオークション会場で、2つ目はバロル王を殺害して手に入れる。 しかし最後のパーツは、ヌアダの双子の妹・ヌアラ王女(アンナ・ウォルトン)が持ち出していた。 事件の首謀者を捜すヘルボーイたちは、ブルックリン橋付近の地下世界にある “トロールの市場” に侵入する。 そこでエイブがヌアラを救出し、ヌアダの手下・ウィンク(ブライアン・スティール)と対決する。
ヘルボーイたちが地上に戻ると、ヌアダが仕掛けた巨大植物が彼らの前に立ちはだかる。 ヘルボーイは戦闘の末、巨大植物にとどめを刺すが、パニックになった市民たちは彼に罵声を浴びせ始めるのだった…

デル・トロ監督の 「ヘルボーイ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15006871.html の続編ですね。
1作目はヘルボーイと、リズが結ばれるという、意外な恋愛作品となりましたが、今作はその後のお話ですね。 ロン・パールマンセルマ・ブレアダグ・ジョーンズに変更はありませんが、新たにヨハン・クラウス役で、声をセス・マクファーレン、動きをジョン・アレクサンダーが演じていますね。 まあ幽体なんで、不死で変幻自在というか、このロボットに似た体が壊されても替えが聞くという便利な存在でした。 しかしちょっと細かくてうるさいんですが(^^)
ロン・パールマンの近作は、私が見た中ではやはりデル・トロ監督の 「パシフィック・リム」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/10035578.html ですね。 そして目が独特で美しいセルマ・ブレア、彼女は子育てで忙しいのか最近は作品出演がありません。 「早熟のアイオワ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13376511.html の出番じゃね…
物語は今まで人間に見つからないように事件を解決していたBPRDが、とうとう世間に知られてしまい、さらにヌアダが反乱を起こし人間界に戦いを挑んでくるお話ですね。 さらに二人の間に子供がという微笑ましい展開もあるんですね。
あの荒くれ者が、父になる。 子供を救うシーンなんか見ると、ちょっと成長しているヘルボーイなのかなと思ってしまいますが、短気で粗野なところは変わっていませんが(^^)
しかし残念なのは 「3」の 構想が消滅してしまったことですね。 「ダークホースコミックス」 のオリジナルキャラで人気キャラなんですが、映画化するには資金が、その調達ができないことからデル・トロ監督が白旗を上げたそうです。
何とかならないんですかね?

イメージ 1
結ばれた二人に子供が

イメージ 2
しかし、新たな敵が何度も出現

イメージ 3
そして子供を助けながら戦う

イメージ 4
そしてとうとう存在が知られてしまう

イメージ 5
そしてゴールデンアーミーを阻止しようとするが

イメージ 6
戦う事になってしまう

イメージ 7