anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡

2017年作品、杉山泰一監督、松風理咲主演。

父を亡くし、銚子の街で母(富田靖子)と二人暮らしの椎名杏子(松風理咲)は、ある企画を思いつく。 それは銚子電鉄と高校生ランナーとの駅伝レースだった。 地元メディアにも注目されテレビ局の取材まで来る。
しかし、6.4kmの距離で一人メンバーが足りなかった。 陸上部からもう一人欲しいと幼馴染みの片瀬(市川理矩)に頼むが、その日は陸上部は大会があり、自分一人しか貸せないと先輩に言われているという。
その頃、電車撮影マニアの熊神(前野朋哉)は、人生に疲れ果てふと銚子を訪れたキミエ(植田真梨恵)と出会う。 一人で海に行く彼女を、すっかり自殺すると思いこんだ熊野は抱き着いて止めるが、ストーカーと思われ警察に連れて行かれ、一晩泊めさせられてしまう。
一方キミエは杏子の家に来るが、もう今は民宿はやっていない。 しかし母の小百合は、キミエをただで泊めてあげ世話をし始める。 それは近頃会話が上手く行かない杏子に対して、若いキミエがいた方がいいとの判断もあった。
一方、負けられない銚子電鉄側は万全の準備をしてレースに臨もうとしていた。 運転士の磯崎(有野晋哉)は、椎名家の父が亡くなってから、二人に対していろんな面で助けてあげていたが、思春期になりいつもご飯を食べにくる独身の磯崎に対して、杏子は反抗的な態度になって来ていた。
そんな中、思いがけない部品故障が起き、レース開催がピンチとなるのだった…

私は “廃線鉄” なんで、乗り鉄の部分は小さいんですが、銚子電鉄は一度は乗りたい電車ですね。 “奇跡の鉄道” と言われ何度も経営危機を乗り越えたことは有名ですね。 “ぬれ煎餅” がヒットして経営危機を乗り越えた話はニュースにもなりました。
原作は吉野翠、彼女が書いた小説の映画化です。 監督は杉山泰一、 「の・ようなもの のようなもの」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13834395.html で初監督をして2本目ですね。
主演は松風理咲、映画初主演の16歳、フレッシュで可愛かった。 若い頃の堀北真希に似ていて、なかなか好演でした。 上記以外に井上順、升毅、菅原大吉、前田航基が出演しています。
物語は電車と高校生の対決です。 電車もなめられたもんですが(^^) ちゃんとそれは社長が負けてはならない、しかし宣伝にはなると調子の良いことを言っています。
これ脇のベテラン陣がなかなかいいんですが、ただ一つ有野の棒読みの演技が何とも(^^) 一番大切な役なんですが、わざとか? なんて思うほどの演技でした。 また植田真梨恵の歌声が良いですね。
宿泊の御礼にギターで弾き語りで1曲披露するんですが、これもなかなかでした。 乗り鉄でなくても、たまには都会の喧騒から離れ、短い電車の旅に出たくなる作品です。

イメージ 1
二人暮らしの小百合と杏子

イメージ 2
夫を亡くした小百合一家を助けている磯崎

イメージ 3
駅伝メンバーが一人足りない

イメージ 4
銚子に現われたキミエ

イメージ 5
社長は負けられないと磯崎にハッパをかける

イメージ 6
しかし整備中に異常発覚

イメージ 7