anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

フィッシュマンの涙

2015年作品、クォン・オグァン監督、イ・グァンス、イ・チョニ、パク・ボヨン出演。

テレビ局の記者を目指しているサンウォン(イ・チョニ)は、仕事ぶりを見たいという就職面接官の部長のために、最近ネットをにぎわせている事件を極秘に取材することになる。
「恋人が魚の姿になってしまった」 と投稿していた女性ジン(パク・ボヨン)は、ネットが炎上していてもメゲない強靭なメンタルで、あの日の出来事をサンウォンに語り始めた。
どこにでもいるごく平凡なフリーター青年パク・グ(イ・グァンス)は、新薬を飲んで寝ているだけで30 万ウォンの謝礼が出るというカンミ製薬会社の臨床実験に参加したが、翌朝、謎の副作用で魚人間に突然変異してしまう。 恐くなったパク・グは製薬会社を脱走し彼女に助けを求めてきた。 しかし、ジンは彼を製薬会社に密告、彼はまた元に戻されてしまう。
臨床実験の責任者だったピョン博士(イ・ビョン・ジュン)は 「体内でタンパク質を無限に供給し、食糧難を解決する実験を行っていた」 と弁明するが、製薬会社の非道な実態を知った国民の怒りは爆発する。
一方、魚人間パクを通して明らかになった若年層の過酷な現実にも注目が集まり、パクは就職難で困窮する若者たちのヒーローとなっていくのだった。
社会に対して不満や不信を募らせる多くの人々の象徴と化し、追っかけファンの出現やグッズ発売などの爆発的シンドロームを次々と巻き起こしていくが、体はますます魚化が進行し、数分おきに大量の水分を補給しないと持たない状態になっていた。
一夜限りの関係を持っ た女友達ジン、熱血漢の新米テレビ局記者、息子の為に賠償金獲得を狙う父親、人権派弁護士たちはそれぞれの事情を背負い、私欲にまみれた製薬会社に対して真実を明るみ出すべく動き出すのだった…

何とも滑稽な題名と設定の韓国作品、気になって鑑賞してきました。
監督はクォン・オグァン、脚本として他作品に参加していますが、長編作品では初監督となっています。 もちろん脚本も本作で兼ねています。
マスクを被った映画で顔を隠している作品では 「FRANK フランク」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13404279.html がありますね。 あれはマスクをずっとつけている青年のドラマでしたし、顔が変形・変身してしまう作品では 「イカレスラー」 などがあります。
その魚人間のパク・グ役は、ほとんど顔を現しませんが、イ・グァンスが演じています。 そしてこの一連の事件を追う記者志望の男・サンウォンにイ・チョニ、ヒロイン役ジンにパク・ボヨンという事です。
物語は、製薬会社における人体実験の話なんですが、そこに絡んでくる、新聞記者志望の青年がドキュメンタリーを作ろうという野心に燃え、これが成功したら正社員にしてくれる、しかしテレビ局の記者とは名乗ってはいけない中、カメラを回し続けるという流れになっていきます。 でもモキュメンタリ―手法ではなく、ドラマとしての映像になっていますね。
ちょっと面白いのは、この一連の臨床実験をする博士は、世界の食糧事情を解決しようというけっこう崇高な思いを持っていることなんですね。 不幸な副作用でただ一人魚人間になってしまった不幸な青年、さらにそこに群がるテレビ局、製薬会社、人権弁護士、さらにはその製薬会社を買収する大手企業と、様々な思惑が絡み合った、結構な人間ドラマになっています。
魚人間という題材に、際物的な感じに見えますが、なかなかのドラマ性を帯びていてシュールな感じに仕上がっていますね。 ラストのオチもまたいい感じです。 
またひとつ韓国の際立った作品が見れました。

イメージ 1
まずは臨時採用となったサンウォン

イメージ 2
ジンとパク・グ

イメージ 3
記者会見をするビョン博士

イメージ 4
有名となった魚人間

イメージ 5
そして5人は戦い始めるが

イメージ 6
病状は進行していく

イメージ 7