anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ゴーストバスターズ2

1989年作品、アイヴァン・ライトマン監督、ビル・マーレイダン・エイクロイド、ハロルド・ライミス、リック・モラニス、シガニー・ウィーバー出演。

あの事件からから5年。 破壊神:ゴーザからニューヨークを救った彼らだったが、破壊した建物などの賠償金を市と州より請求された上、数々の違法行為の責任を押し付けられ 「ゴーストバスターズ」社は破産してしまい、依頼もぱったりと来なくなった。 市民も彼らと超常現象を忘れ去り、4人組もそれぞれ別の道を歩んでいた。
ピーター・ヴェンクマン(ビル・マーレイ)はテレビ番組の司会者(担当番組の視聴率は最悪)、エゴン・スペングラー(ハロルド・ライミス)は研究所で心理学を研究、レイモンド・スタンツ(ダン・エイクロイド)はオカルト書専門の本屋を営むかたわらウィンストン・ゼドモア(アーニー・ハドソン)と共にゴーストバスターズの仮装をして、パーティーに芸人として出ていた。 しかし全く人気は無く、子供たちには通じない。
そんな中、デイナ・バレット(シガニー・ウィーバー)の息子が乗った乳母車が勝手に動き出し、ぎりぎり交差点の中心で止まるという事件が起こった。 彼女は、ピーターと結ばれたはずだったが、実はほかの男性と結婚、そして赤ん坊を生んだ後、離婚していたのだった。
不審に感じたデイナがレイモンドに調査を依頼しにいくことになる。 彼らの独自調査で、50年前に廃線となったニューヨーク地下トンネルにスライムの川を見つける。
しかし、調査の方法が道路工事を装った違法な手段だった上、調査の影響でニューヨーク中を停電させてしまい、市長補佐のジャック(カート・フラー)により、彼らは法廷で裁かれることとなってしまう。
数々の揺るぎない証拠を提示され、敗色感濃厚の裁判中、ニューヨーク地下で採取したスライムが暴走をはじめ、かつてスティーヴン・ウェクスラー裁判長(ハリス・ユーリン)が死刑判決を下した凶悪犯罪者スコレーリ兄弟がゴーストとして蘇る。
スコレーリ兄弟のゴーストを退治してくれと裁判長に迫られた4人は、その代償として判決を覆してもらい無罪となり、再び 「ゴーストバスターズ」 を設立して数々のゴースト事件を解決していくようになるのだった。
一方、デイナの勤める美術館では、16世紀に魔術師で狂人と恐れられたヴィーゴ大公(ヴィルヘルム・フォン・ホンブルグ)が、自身の肖像画から甦ろうと機会をうかがっていた。 そしてディナに下心を持つ、美術館で絵を管理するヤノシュ(ピーター・マクニコル)は、ヴィーゴの魔力で操られるようになり、デイナの幼い息子を連れてくるように命じられていた・・・

1作目の大ヒットを受けて、5年後に作られた続編、監督、キャストもほぼそのままでの後日譚になっています。
物語は、予想通り、破壊神は退治したものの、あれだけ町を破壊すればこうなることはまあ確実だろうなあと思っていたその通りになりました。 あっという間にヒーローから破産者に、しかし皆しぶとく生きているんですね。
その中で普通の人生を歩んでいるのがディナだったんですが、なぜか彼女がいつも狙われる。今回は彼女というより赤ん坊でしたが。
新キャラは、ヤノシュでしたね。 彼が前作でのルイス・タリーの役に近い感じですね。  なぜかディナはこういうタイプにやたらモテる(^^)
この作品、ヒットはしましたが、さすがに1作目ほどではなかったようです。 その原因はなんだろうと考えると、まずはゴーストキャラが今一つだったんでは?
マシュマロマンに変わるラストキャラが、自由の女神なのはちょっといただけない。 あそこはアッと驚くこわ可愛いゴーストが必要だったのでは?
あともう一つは、レイ・パーカー・ジュニアのオリジナルのテーマがフルバージョンでかからない(^^) 私はこれで劇場に行かなかった記憶があります。
ただ、作品としては世界観をちゃんと踏襲していて、悪くは無いですね。 しかしこの後長い間続編が凍結されるんですね。
そしてリブート公開になっていくんです。

イメージ 1
デイナはシングルマザーになっていた

イメージ 2
すでに無くなっていたゴーストバスターズだが

イメージ 3
しかし彼女の赤ん坊が狙われ

イメージ 4
そしてゴーストを倒したことで

イメージ 5
彼も参加

イメージ 6